テーマ:さけび

テネシーウイリアムズ-さけび

翻訳本 ー 完売となりましたので、お知らせいたします。 さけび とは、何とも直接的な題名ですが、この本の冒頭からして、 不思議な幕開けです。 なにしろ、いきなり劇中劇なのです。 心して読まないと、展開を負うことが困難なほどです。 原作者がこの本の書き出しで、最初のこの公演は失敗に終わった というふうな表現が有ります。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

テネシー・ウイリアムズの「さけび」

翻訳本 ー 完売となりましたので、お知らせいたします。 テネシー・ウイリアムズといえば、「欲望と言う名の電車」が日本ではよく知られて います。ほかにも、[ガラスの動物園」「熱いトタン屋根の猫]などが、著名な作品 ですが、小品集もかなり翻訳されていて、新潮社や早川文庫などから出版されて いますから、劇作を志す人たちにとっては、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more