縦割り110番-2

河野太郎氏が自分のサイトで開始した「縦割り110番」は、あっという間に4000通も意見が寄せられ、現在整理のために新規の受付を中止しています。ただ、この4000という数字、世間の人が食いついたと思うのは早計です。よく「報道各社は」と言う表現が使われますが、今回もその「報道各社」が競い合って「縦割り110番」に投稿したと推察されます。 …
コメント:0

続きを読むread more

New! Fairlady Z

スポーツカーの名前は「美しいお嬢さん」、そう、フェアレディですね。 この車は、かなりの高性能車を庶民感覚でなんとか手に入れられる価格で提供するというのがコンセプトです。超が付く高級車となると全く庶民とは縁がなくなるほど高価なものになってしまいますが、そこそこより少し上の高性能車を!というメーカーの気持ちが表れた車として、フェアレディは…
コメント:0

続きを読むread more

「縦割り110番」

菅内閣の印象はいろいろでしょうが、『縦割り打破なくして日本再生なし』はあの菅さんの口から発せられるとは、少しばかり意外ではありましたが、トヨタ自動車の豊田社長も大きな関心を示しましたね。大手の会社の社長が、自社の製品の発表の場でこのような発言をすること自体、今の日本の行政の仕組みの状況を端的に表しています。 その指示を受けたのが河…
コメント:0

続きを読むread more

ビジネスモデルの大転換

昔はコピー機と言えば、誰に聞いてもゼロックス一辺倒でしたね。翻って今はどうでしょう。 キャノン・エプソン・ヒューレットパッカード・ゼロックスで市場のほとんどを占めています。そこへ急速に台頭してきているのが、ブラザー工業です。 それ以外のブランドは、オリジナルで物を作っているものの、余りにシェアが小さいので、自社ブランドで販売して…
コメント:0

続きを読むread more

私が映画「トップガン」や「ミッドウェイ」を見ない理由

映画「トップガン」、トム・クルーズの当たり役として有名になりましたが、飛行機物は私にとって鬼門なんです。なぜかと言えば、戦争ものですから当然、敵味方の飛行機が登場してきます。問題なのは、敵方の飛行機なんです。 トップガンでは、F14トムキャットをフィーチャーして、アメリカ海軍が総力で協力したという構図ですが、敵方として出てくるMIG-…
コメント:0

続きを読むread more

ウイングスーツ

人間は昔から空を飛びたい願望を持っています。その顕著な成果が飛行機の発明です。ターボファンエンジンの登場によって、巨大な双発機が何百トンもの機体を悠々と空に浮かせている図は圧巻です。 でも、やはりそれでは、自分の力で空を飛んでいることにはならないと考える人達は、いろいろと錯誤した結果ついに人体に大きな水かきのような大きなひれを付けて大…
コメント:0

続きを読むread more

MIU404最終回

ここのところの10年ほどは、テレビドラマは定番となってしまった3か月ワンクールを、どこの局も忠実にトレースしています。大変に人気が高くなれば、続編が企画され、さらに人気が続けばPartxxと続いていきます。しかし、ネタ元の事情で、どんなに人気が出てきても続編が無理な場合とか、ま、そこそこの視聴率を取れてきていると、最終回拡大スペシャルと…
コメント:0

続きを読むread more

二十四節気

一年を二十四の気候に分けて表現した二十四節気ですが、今年も残すところあと7つのみ。9月7日の「処暑」ももう過ぎてしまったのですね。 次は、9月23日の「秋分」です。ちなみに、「彼岸」は二十四節気には入っていないんですよ。「雑節」に分類されていて、ちょっと意外な感じがします。今年は、9月19日です。 あとひと月半もすれば暦の上では…
コメント:0

続きを読むread more

品川ビル群にB767

東京オリンピック開催を意識したインバウンド需要の増加対策の一環として、羽田空港のより一層の活用というお題目の元、設定・開始された「羽田新ルート」。実際に飛んでいる姿を見、そして音を聞いてみると、その迫力ある圧倒的な重量感を伴う飛行姿は、やはり脅威を感じます。 飛行機が飛んでいる姿は誠に美しいものですが、それは側方からあるいは斜め上…
コメント:0

続きを読むread more

懐古趣味

懐古趣味と言うと、年寄りをイメージしがちですが、30~40代でもレトロなものに興味を持ってしまうと、ついつい深く追求してしまい、時代をどんどん遡っていく探求の旅に出たら、なかなか元の時代にかえってこれないようです。 例えば、あの凄まじかったスーパーカーブームを知らないで育った若者たちが、何かの拍子にランボルギーニカウンタックとかロ…
コメント:0

続きを読むread more

名曲の条件

歌い継がれる名曲の数々は、何故名曲と言われるようになったのかを、薀蓄を交えて考察してみたいと思います。 名曲に共通しているのは何だと思いますか。 覚えやすく親しみを感じるメロディ・今までのどの曲とも似ていないメロディ・自然な盛り上がりと言った様々な条件をクリアして、なおかつ絶対的なある条件が備わっていること。 そのある条件とは…
コメント:0

続きを読むread more

定点観測船

今日の記事は、昨日の記事とペアになるものです。台風の目に飛び込むような荒っぽい運用の航空機が有れば、それと対を成すのは、陸地の無い洋上の気象観測手段として、船を一定の場所に留め置いて、そこで継続して観測する体制を取れば、観測網の広がりが出来ようというものです。 大戦終了直後は、アメリカの資金援助で、太平洋の東海上の北方と南方の二か…
コメント:0

続きを読むread more

巨大台風

これからの台風シーズン、今年は強烈な台風が有った昨年を上回る凄いのが来そうな予感がします。何といっても、日本列島の南岸からマリアナ諸島近辺海域迄の海水温が、例年の比ではないほど高いので、ここから立ち上る水蒸気の量は、膨大な量になるでしょう。其の水蒸気に含まれている熱エネルギーが台風の勢力に変わっていきます。 台風の発達具合の一つの…
コメント:0

続きを読むread more

日本海軍と陸軍の戦闘機

もはや戦後直後の生まれであっても75歳以上と、もう第二次世界大戦は過去の出来事になってしまったにも拘らず、人々の記憶には様々な戦時下の思い出が伝承されています。 その中で、国産戦闘機は50歳代後半の方ぐらいまでなら、「これは、ゼロ戦、これは飛燕………」と分かる方が少なくありません。 その要因はいくつかありますが、過去からの少年雑…
コメント:0

続きを読むread more

眼の性能を維持しよう

生まれてから、墓場に入る直前まで、人間の五感は働き続けていますが、その中で最大の情報量を獲得しているのは眼です。 しかし、加齢とともに眼の性能は落ちていきます。子供のころは両眼とも1.5あったんだけど、高校受験で一気に視力が落ちて………という経験をされた方は多いと思います。 しかし、その中で10%程度の人は、いつまでも若々しい視…
コメント:0

続きを読むread more

大滝詠一 ヘッドフォンコンサート

大滝詠一 ヘッドフォンコンサート これは、1981年12月3日に東京の渋谷公会堂で行われた、おそらく空前にして絶後の企画です。 元々の開催趣旨は、いかに音響に工夫を凝らしたところで、コンサート会場で全員に均質な音は届けられないので、通常ならマルチチャンネルをミキシングしてPAに流す音源をFM電波に乗せて、会場内の聴衆全員が装着したヘッ…
コメント:0

続きを読むread more

夏はつとめて

タイトルを読んで、あれっ、なんか変?と思ったあなたは、きっと少しばかり古文に詳しい方でしょう。 そう、あの清少納言の「枕草紙」の冒頭には、こう書かれていましたね。 春はあけぼの ……… 夏は夜    ……… 秋は夕暮れ  ……… 冬はつとめて ……… この書き出しは、中間テストか期末テストの試験対策で一所懸命覚えたことを思…
コメント:0

続きを読むread more

Amazon.楽天.クレジットカード各社のSPAMメール

毎日入ってくるSPAMメールの中で、群を抜いて多いのは「Amazon」です。そして、最近急速に「楽天」のSPAMメールも増えてきました。 今日入ったSPAMメールの文面をそのまま掲載しますね。なお、文中の「?」は安全のために文字を置き換えた後の「?」です。 例1: サインイン試行が検出されました アカウントサービスに異常な…
コメント:0

続きを読むread more

つむじ風 のニュース

今朝、どこかの学校の校庭で撮影された「つむじ風」の映像が流されていました。以前なら、数秒から数十秒の現象が撮影されること自体極めて稀でしたので、このことだけを捉えればスマホの普及は、本当に細かな短い現象や事件でも報道のネタを作り出すのに一役買っていることだけは間違いありません。 でも、今日のつむじ風の映像を見て、殊更に取り上げなく…
コメント:0

続きを読むread more

「糸」と「中島みゆき」

 菅田将暉(27才)と小松菜奈(24才)の共演で話題の映画『糸』(瀬々敬久監督)でフィーチャーされている主題歌「糸」は、中島みゆきが1992年に発表した曲で、のちに日本テレビ「聖者の行進」にも使われています。 今回の映画は、中島みゆきが直接かかわっているわけではなく、わざわざinspired by 中島みゆき とクレジットされている通…
コメント:0

続きを読むread more

木陰の連なる街

私が子供のころは、夏は暑いと言っても朝は気温がそれほど上がっていない時間帯が必ずあって、その時間は必ず夏休みの宿題をしなさいと言われたものです。夏を通じての最高気温はせいぜい31℃程度で、33℃なんて言う記憶は有りません。 だから、窓を開けて風さえ入ってくれば、昼寝をしていても家の中で熱中症になるなんてことは、考えられませんでした。 …
コメント:0

続きを読むread more

家賃支援給付金

「5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を支給します。」経済産業省が行うこの事業は、意外や申請した書類の不備は指摘されて、受付がままならない状態の中小法人がかなりあるようです。 何より驚くのが、PDFで書式を提出することになっていますが、PD…
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権の終焉

政治の権力を握ったものは、立ち回りに気を付けさえすれば、かなりの強権を手中にできるもののようで、現政権のように正に崖っぷちに追い詰められようとなっていても、それに対抗する野党がだらしが無いと、なかなか打倒できないのですね。 実際、鳩山さんが首相をやったときの体たらくぶりは、全国民の開いた口が塞がらないをまさに具現化していました。辺…
コメント:0

続きを読むread more

自動車雑誌「B」の変調

実名は書きませんが、自動車雑誌「B」が、ここ半年ぐらいおかしいんです。 まず、表紙やスクープイラスト、以前はCGを駆使して描かれた本物と見紛うほどの高クォリティを誇っていたところが、品の無い黄色メインの色遣いの表紙、なんとなくデッサンの狂った新車予想図と、なんでこんなにクォリティが落ちてしまったんだろうと思えるほどの凋落ぶりです。 …
コメント:0

続きを読むread more

windows10で煩わしくなったこと

日本発のOSであるTRONが、アメリカ商務省の横やりを受け、国内の小学校に導入されなかった弊害は計り知れません。 一番の弊害は、勝手なマイクロソフトのふるまいを受け入れざるを得ない今の日本のコンピューター市場の発展の無さでしょう。 次の弊害は、自分に都合の良い更新を頻繁に行って、結果的にユーザーのアンタッチャブル領域を拡大して、余計…
コメント:0

続きを読むread more

佐藤琢磨インディー500 2度目の制覇

佐藤琢磨、インディー500で2勝目をあげる! この素晴らしいニュースは、今の日本にとってとても元気づけられるものですね。 2017年のシーズンに、琢磨がインディーで日本人として初優勝した時は、もう興奮しまくってしまいましたが、まさかまたも優勝を遂げることが出来たなんて、………ただただ驚きです。 世界三大自動車レースと言えば、ル・…
コメント:0

続きを読むread more

これからしたい事

子供のころは、「将来何になりたい?」と聞けば、「パイロット・お菓子の職人・先生………」と、様々な職業を口にしたものです。 しかし、人生も半ばを過ぎると、現実を考えてしまうせいか、「ここまで来ちゃうとね~」「新しいことをやるお金も体力も………」などと、かなりネガティブな返事が来るばかりです。 ところが、たまにいつまでも、夢を追い続…
コメント:0

続きを読むread more

永年探していた曲

高校生の頃に、深夜放送を聞いたまま寝込んでしまい、明け方ヘッドホンから流れてきた曲があまりに綺麗で、でも、誰のなんという曲なのか分からないまま曲は終わってしまい、メロディーだけ口ずさんで登校したことが有ります。 その時、友達にその歌を聞かせてみな知らないというのです。 この曲を含め、以前から題名の分からない曲が、私には4曲有りま…
コメント:0

続きを読むread more

醤油七変化

醤油は、日本人ならおよそ全員がほぼ毎日使っている調味料です。この醤油は、他の調味料と一味違った性質を持っていることにお気付きでしょうか。醤油以外の調味料は、調味料そのものの味と、それを使う料理の個性の融合で、「美味しい。」となるわけですが、醤油は面白い性質を持っています。 以下はすでに経験していることかもしれません。 1.豆腐、…
コメント:0

続きを読むread more

作曲支援ソフトの売りこみ

もう10年以上も前から使っている音楽ソフトが有ります。素人向けの鼻歌で採譜もしてくれる、優れものソフトです。 以前は、特別キャンペーンの案内が時たま来るだけでした。そして、バージョンアップ時には、特典で価格をかなり安く提供してくれるのがお約束でした。 しかし、老舗のソフトであっても、昨今のお手軽スマホサービスの前には旗色が悪いようで…
コメント:0

続きを読むread more