2020年 国民の祝日

国民の祝日は、固定しない日が多くなって、ホント分かりにくくなってしまいましたね。なぜ、その日に制定されたのかが意味をなさなくなった最たるものが、体育の日です。東京オリンピックを記念して制定され、10月10日となったはずでしたが、なぜか最近は都合の良いように移動されてしまっていますね。ちなみに、最新の国民の祝日は、以下のように国が発表して…
コメント:0

続きを読むread more

海抜4m地帯

海抜 って言葉は、割と耳にしますが、いったいどんな意味って聞かれると、意外やあやふやになってしまうのがこの言葉。また、標高という言葉もありますね。これの取り決め方は意外にも、元が同じだったりして?で、「富士山は標高3776m」なのか、「海抜3776m」なのかという表現の違いに、気づいてしまったので調べました。 東京湾の海面の平均的…
コメント:0

続きを読むread more

相鉄線 12000系にささった遮断桿

11月29日、相鉄線がJRに直通を開始する前日に起きた踏切事故は、これからの自動車運転の在り方を考えさせるものになりました。選りによって、最新の12000系に踏切の遮断桿が突き刺さるという珍しい事故でした。原因が、踏切で待っていたはずの女性が運転する乗用車が、電車が通過するまでの時間、ずるずると前進していって、踏切内に侵入していったため…
コメント:0

続きを読むread more

百里基地航空祭余聞

初めてのバスツアーによる航空祭行でしたが、思わぬハプニングが起きました。行きは順調だったのですが、帰りにバスの待つ場所へ30分近く歩いてたどり着いたとき、われわれの乗ってきたバスの運転手が、フロントの下回りに潜り込んで点検していたのです。何の説明の無いまま、戻ってきた乗客はとりあえず自分たちの席に付きました。しかし、バスの運転手は一向に…
コメント:0

続きを読むread more

F-4ファントム フィナーレ

今日は百里基地の航空祭。ここはアクセスが悪いので有名ですが、近年は自衛隊基地の航空祭に限っては、バスツアーが数多く企画されることが多くなり、それではというので利用してみました。今年限りで百里基地のF-4ファントムは運用から外れることが決まっているので、昨年は5万人程度の観客しか見込めなかったのに、このF-4ファントム引退→見納めというこ…
コメント:0

続きを読むread more

LEDの新顔

寒くなりはじめたこの時期、LEDによる飾りつけが華やかになってきます。今年も各地で300万球とか400万球とかいった、LEDの数を誇示する広告が出始めました。今までのLEDの特徴を上げると、省エネ、高輝度、長寿命でしたね。はっきりした色は得意でしたが、冷たい感じを受ける印象がありました。 青だけとか白だけとかだと、冬に似つかわしく…
コメント:0

続きを読むread more

本で視力回復

パソコン・スマホ・テレビと。目を使う環境は、常に存在します。しかも、明かりが無い時代は夕闇迫る頃から朝ぼらけの頃までの数時間~十数時間の間は、夜が支配する闇の世界でした。原始人はこの時間目を使う必要が無いので、目は十分な休養時間を貰っていました。焚火の時代はともかく、電灯が発明され、蛍光灯が出現し、今やLEDによる省エネライトが世間には…
コメント:0

続きを読むread more

ロト6の存在感

長らく宝くじは、事前に印刷された番号が、偶然に当選数字に合致するかで、一喜一憂していたものが、数字を自分で選んで買える宝くじ(=数字選択式宝くじ)が発売されるに及んで、購買層は二分されました。単純な仕組みであっても選択するという行為が意外と受け入れられないのか、ナンバーズやロトを買わない層と、従来のくじと両方を求める層に分かれました。 …
コメント:0

続きを読むread more

航空機メーカー イギリス編

航空機製造が有名な国といえば、アメリカ・ロシア・イギリス・フランス・イタリア・ドイツ・スペインあたりですが、その中でも群雄割拠状態だったのがイギリスです。20世紀初頭から現在まで、ガレージファクトリーからメガメーカーまでさまざまな規模の会社が生まれ、合併してきました。26社程度あった様ですが、今では機体の名前だけは記憶しているものの、も…
コメント:0

続きを読むread more

ゴルゴ13 vs ドローン

ゴルフ場のポールに狙撃の砲弾を意識して当てて、その跳弾が狙撃対象に命中するとか、人工衛星の船外活動の装備で、キラー衛星を打ち落とすなんて言うことをやってのけるスーパースナイパーといえば、ゴルゴ13しかいません。彼はいったいどんな訓練を自分に課しているのでしょうか。 並外れた体力と精神力は、瞑想分野でも素晴らしい能力を見せ、プロの兵器化…
コメント:0

続きを読むread more

欠陥スマホ

今使っているスマホは、約3年前に購入したものですが、いくつか致命的な欠陥が有ります。一番大きい欠陥は、マナーモードの設定に有ります。スマホを目覚まし時計代わりに使ってる方も多いと思いますが、当然マナーモードをオフにしておかないと、目覚ましにはならずにバイブだけビービーとやっているわけです。 なので、夜寝るときは必ずマナーモードを切…
コメント:0

続きを読むread more

カタログビジネスの限界

カタログビジネスは登場するや食いつく女性を中心に急激に売り上げを伸ばしてきましたが、もう一方のカタログビジネスである葬儀のお返しに送られてくる返礼品用のカタログビジネスは、もはや荒廃が酷くて使い物にならない状況になっています。通常、葬儀の香典返しは半額返しが通例になっていますが、これは実は間違った概念だけが広まってしまったものでなんです…
コメント:0

続きを読むread more

BlackFriday

今やブラックフライデーは世界中の安売りデーとしての認識を持つまでになりました。そのディスカウントレートは、半端な数字ではなく、モノによっては50%などまだまだって感じの勢いで安くなりそうな気配ですが、ドッコイそこには安売りならではの企業理念が練りこまれています。極端に言えば、いくら安くしても、しっかり儲けは取ろうとする戦略です。 …
コメント:0

続きを読むread more

B747

今日、久しぶりに羽田空港に行ってきました。モノレールから見える空港にじっと目凝らすと、ジャンボジェットボーイング747が一機も見えないのです。見えるのは、B737・B767・B787ばかり。効率を求めて、各航空会社がしのぎを削っているのは知識としては有りましたが、実際に目で見ると、その激変ぶりは驚くほどですね。 ETOPSの劇的な…
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊の歌姫

自衛隊の音楽隊は以前から馴染みが有りましたが、近年、増えているのが女性歌手です。その嚆矢となったのが、海上自衛隊の三宅由佳莉です。ソプラノ歌手で、テレビのバラエティ番組の出演や、CDデビューをするなど、自衛隊の広報要員としての働きがメインです。彼女の活躍を見て、「自分も!」と陸上自衛隊に入隊したのが、鶫真衣です。 彼女もソプラノで…
コメント:0

続きを読むread more

お騒がせ女優と妙な見方

麻薬による芸能界の騒動は、なかなか断ち切れませんね。麻薬所持で逮捕された後の反応は、決まって出演していた番組の降板問題です。単発ドラマなら即中止が当たり前ですが、NHKの大河ドラマとなると、これはもう大変です。毎年、年明けから放映されるのですから、もうかなり撮影は進んでいます。なんでも、第10話くらいまでは、終わっているのだとか。 …
コメント:0

続きを読むread more

ホンダの復活は本物に F1

地デジでの放送が無くなってしまったF1は、自動車専門雑誌にさえコーナーの片隅に追いやられてしまいました。が、今年はホンダエンジンが力を発揮してきており、第9戦オーストリアグランプリ・第11戦ドイツグランプリ・第20戦ブラジルグランプリで優勝して、エンジンサプライヤーとしての存在感を示しています。 そろそろテレビでF1を取り上げても…
コメント:0

続きを読むread more

相鉄ついにJR直通

11月30日、相鉄は悲願ともいうべきJRへの乗り入れを開始します。ちょっと見、不思議な路線形態ですが、沿線の人にとってはショートカットの路線が出来ることは、利便性が増しますから期待していることでしょう。ただ、今回の延伸・乗り入れに関しては、大いなる疑問を持ったままの発車なのです。 それは何か。ズバリ直通と謳っていますが、運行本数の…
コメント:0

続きを読むread more

イチョウ並木

イチョウ並木といえば、八王子市の真ん中を貫く甲州街道のものが有名です。イチョウ祭りが行われる季節になると、歩道に植えられたイチョウの葉が黄色く色付いて、そのさまが延々と続いている光景が、本当に綺麗の一言です。勿論、落葉が積もった歩道の黄色も、彩に趣を添えています。 他にも、イチョウ並木は、日本各地には、有名な写真スポットが沢山あります…
コメント:0

続きを読むread more

富士山と県道71号線

朝霧高原に向かって走る国道139号線は、富士山麓をほぼ直線で走ることのできるエリアが有り、そこからの富士山の姿は、誠に壮麗で霊峰の名をほしいままにしているのも納得できる光景ですが、其れよりももっと美しい富士山を、もっと長い時間、もっと近くで見ることのできる道路が有るんです。えっ、そんな道路知らない知らない? そりゃーそうです。国道…
コメント:0

続きを読むread more

高輪ゲートウェイ駅

高輪ゲートウェイ駅設置のために、11月16日の土曜日は、山手線の約3分の一の区間が(東京-大崎-上野)が、初電から16時ごろまで運休になります。また、並走する京浜東北線でも、田町-品川間は終日運休となります。如何に土曜日とはいえ、東京のど真ん中の区間をこれだけ長時間止めるというのは異例です。特に山手線は、過去に例が有りません。 と…
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆきの最後の全国ツアー

[中島みゆきの最後の全国ツアー「結果オーライ」が2020年1月から6月にかけて開催されることが決定した。]と、音楽関係のニュースが伝えています。永年、中島みゆきのファンである私にとって、「ついに、全国ツアーは最後か。」の思いが募りました。彼女ももう67歳、考えてみれば、昔だったらとっくに引退の声を聞いていても不思議ではない年齢になったの…
コメント:0

続きを読むread more

対話型サインプロセスで初期化に失敗しました。

「対話型サインプロセスで初期化に失敗しました。」このメッセージを出して、パソコンが停止していました。しかも、電源を正常にオフして家を出て、戻ってきたら電源ボタンランプが点滅しているのです。何一つ、普段と変わらない状況であったのに、こんなことが起きるとホント困りますね。しかも、もう一台のパソコンから、ネットで調べてみても、摩訶不思議な回答…
コメント:0

続きを読むread more

小田啓義のオルガンサウンド

懐かしのグループサウンズの中でも、圧倒的な人気を誇ったブルー・コメッツの全盛期の映像を見ていて気が付きました。 https://www.youtube.com/watch?v=LiCSCTxCvCw この映像で以前には気にしていなかったことが有りました。それは,、キーボードいえ電子オルガンの存在です。 ブルー・コメッツは5人組…
コメント:0

続きを読むread more

今上天皇 儀式

10月22日に挙行された今上天皇の即位礼正殿の儀と11月10日に執り行わなわれた祝賀御列の儀を、テレビで見ておりましたが、天候に関連してやはり「日出ずる国」を感じる出来事が有りました。10月22日は生憎の雨模様となりましたが、儀式が終わる直前に見事な虹がくっきりと出現しました。午後一時ごろの虹は、太陽の高度が高いので、かなり低い場所に出…
コメント:0

続きを読むread more

宇宙戦艦ヤマト って、何隻ある?

「宇宙戦艦ヤマト って、何隻あるの?」「そんなの決まってんじゃないか、1隻しかないよ。」「えっ、だって、何度もガミラスと戦って、その都度、猛攻撃に晒され、艦の外部だけでなく、内部にまで激しい破壊が及ぶような重大な状況に陥っているにも関わらず、不死鳥のように蘇ることを繰り返しているじゃない。」 そんな会話が不思議でない程、長い間、宇…
コメント:0

続きを読むread more

腕利き職人の見事すぎる技

皆さんは靴の修理をするのに、どこのお店を使っていますか。専門店で購入したバカ高い靴なら、購入した専門店の修理対応が有るので、それを利用する人が多いことでしょう。しかし、大多数の人はそんなに高価な靴を購入できません。そしてその靴を修理するとなれば、あの修理チェーンに持って行ってはいませんか。 そう、合鍵の複製や時計修理なども手掛ける…
コメント:0

続きを読むread more

新幹線車両 全車廃車

先の台風で水浸しになった北陸新幹線用車両10編成が、すべて廃車になる運命になりました。減価償却がさほどには進んでいなかったので、廃棄金額は総額で148億円に達するとのことです。JR東日本では、上越新幹線用の新製車両を投入するなどの施策を施して、年末までには従前のダイヤに戻すとの見解を会見で発表しました。 鉄道会社の被った被害金額で…
コメント:0

続きを読むread more

山田孝男伝説 その39

幽体離脱記事の続きです。https://15313573.at.webry.info/201908/article_28.html この記事をお読みになってから、その39 をお読みなることをお勧めします。幽体離脱を自らの意志で行うことが出来る人は、かなり稀です。さらに、いつでも離脱できますとなると、実は今までお会いしたことが有りません、…
コメント:0

続きを読むread more

ボーイングとエアバス パリ航空ショーで

今や、ボーイングとエアバスのこの二強しか残っていないメジャーな航空機製造会社ですが、熾烈な戦いはいったいつまで続くのでしょうか。B737MAXの墜落事故が発端となって、MAXの引き渡しが止まってしまいました。当然ボーイングの決算は赤字になり、新規の発注も全部エアバスのもとに転がり込む、とだれもが一時は考えたことでしょう。 しかし、…
コメント:0

続きを読むread more