テーマ:燃費

知識の沼に浸かってみよう。

なんのこっちゃという題名ですね。 でも、皆さんの中で、国語辞典を使った遊びした経験はありませんか。そう、一つの単語を国語辞典で調べます。その言葉の意味を解説する文章の中の一つの単語を選んで、その単語をまた国語辞典で調べ、その解説文の単語を……………。 あ~、それならやったことが有る。自分じゃやらなかったけれど、やっているのを見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日産ノートE-Power

日産ノートE-Powerを試乗してきました。 キャッチコピー通り、回生強めの設定で走ると、アクセルオフした途端に強いブレーキ力を感じました。 今までの車のようにアクセルオフをして、惰性で走ってそれからブレーキを徐々に踏んでスピードを落とすといった走り方とは一線を画す世界がそこにはありました。ちょっと、大げさに聞こえるかもしれませんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予想以上のe-Power

自動車雑誌がこぞって取材合戦するターゲットは、もちろん完全なる新型車、その次はフルモデルチェンジ、そして、チョットだけ記事になるマイナーチェンジ。 しかし、そんな地味であるはずのマイナーチェンジが、時として大きなニュースと成ることがあります。 今回の日産ノートのマイナーチェンジは、まさにその大きなニュースです。 いままで電気自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽自動車-熾烈な戦い

ホンダのNシリーズが快走を続けています。軽自動車では久しくヒット の出なかったホンダにとっては、正に起死回生の商品として世に送り 出したNシリーズは、それでもダイハツやスズキには、まだまだ遠く及 ばないレベルの生産量です。 全国軽自動車協会連合会の統計によれば、本年1-5月の軽自動車 販売速報によれば、ダイハツが32.3%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国産対潜哨戒機Pー1就役-続き

P-1は国産機として誕生したと前日書きましたが、川崎重工業が 主契約者となっているため、川崎P-1と呼称されていますが、現 日本の航空機産業は、三菱・川崎・富士重工の機体メーカーとIHI (旧:石川島播磨重工)のエンジン・島津製作所・東京航空計器等の 搭載品メーカーと、完全に色分けされています。 そして、戦闘機・高等練習機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more