テーマ:カメラ

CANON ミラーレス

カメラはついに一眼レフからミラーレスの時代に入ってきたようです。 これを感じたのは、キャノンの新しいテレビCMを見た瞬間でした。「5(ファイブ)は5(ファイブ)を超えてきた」このキャッチコピーがすべてを表しているとは思いませんか。これは、ミラーレスのR5のCMです。 キャノンにはEOS-1という絶対的王者として君臨するモデルが有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欲しいもの症候群

人間の物欲は、果てしないとする説と、ある程度満たされればそこで終わるという説と、一致に時間を置いて物欲が発現すとする説など、結局結論は出ないままなのですが、こと自分のことになると、いまはもう物欲の塊と言い切れます。 高いものの筆頭は何といっても土地付きの家、それも、富士山と湖が見えて人があまり入りこまず、それでいて買い物は近くでな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP+2020 コロナウィルスの前に苦渋の決断

侮れない状況が続いている新型コロナウィルスの蔓延は、ついに年に一度のカメラの祭典CP+2020まで直撃してしまいました。今年は本当に楽しみにしていたのですが、中止連絡は誠に残念至極です。 ここにきて、ニコンやキャノン・オリンパスと矢継ぎ早に興味をそそる新製品が発表されていただけに、実機に触れられる最初の機会として、CP+2020は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TTLカメラ

本日もカメラのお話しです。 カメラの露出の話が前回のメインでしたが、今回はその露出をどこで測るかにスポットを当てます。 昔のプロのカメラマンは、露出計を必ず別に持っていました。 もちろん今でも単体での販売は続いていますし、性能も向上してはいますが、圧倒的な数が売れる市場ではありませんし、だいたいの話、露出計そのものを知らない層が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EEカメラとAEカメラ

一眼レフカメラが、まだ一部好事家のものだった頃のお話しです。 庶民の手にあるのは、35mmf2.8のレンズが付いたコンパクトカメラでした。 特徴的なのは、レンズの周りに角が取れた四角い形のかまぼこのガラスがいっぱい付いたデザインです。 実はあのかまぼこ状のものは、光を集めて発電して、その発電量でカメラの絞り量を決めていたのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメラのアップデート

デジタルカメラがこれだけ普及しても、カメラに対する認識はそうは変 わらないものだと実感する出来事がありました。それは、続けざまに、 カメラのファームウェアに起因するトラブルについての相談を持ち込ま れた時に、感じたのものです。 「カメラのファームウェアのアップデート」 この言葉が、一般の方には、ほとんど浸透していないのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more