全日空 246便

20日朝のテレビニュースで、全日空の博多発東京行き246便の離陸直後の右エンジンから火を噴いている映像が、何度も流されました。おそらくはエンジンの不調だと考えられますが、バードストライクの可能性も少しあります。ただ、今のジェットエンジンはかなり強烈なバードストライクの耐性試験をパスしていますので、そうそう簡単には故障しないようにはできて…
コメント:0

続きを読むread more

紳士服の仕立て屋さん

最近の背広は安くなりましたよね。私が就職が決まったら、遠い親戚から良い背広を作る職人がいるので、紹介させてよ、と言ってきたことが有ります。親戚なので無碍(むげ)に断ることはできず、フルオーダーメードで注文することになりました。いまではではとても考えられないほど手間暇をかけて採寸し、これまた細かい背中の切れ目やズボンの折り返しなどの細かい…
コメント:0

続きを読むread more

「ありがとう」の「すいません」??

活気のある飲食店でよく聞く言葉が有ります。お店を出るときのあの言葉です。「ありがとうございました。」これがオーソドックスな奴ですね。「ありがとうございました。またのご来店をお待ちしています。」「ありがとうございました。また、よろしくネ。」もう少し砕けてくると、「ありあとやしたぁ。」「どうも、どうも」 そして、どうしてそうなってしま…
コメント:0

続きを読むread more

Canon Rock & Truth

Canon Rock これまで何回かブログで取り上げてきましたが、昨日集中してエレクトーンの演奏を聞きまくりました。ついでに、これもまた超有名な曲であるあのF-1のテーマ曲 Truth も集中して聞いてみました。演奏者が変われば、どんな演奏に化けるのかを期待してのことです。 結果は、見事に私の期待を裏切ってくれました。それは、公開…
コメント:0

続きを読むread more

ポイント還元の嵐

消費税アップに端を発したポイント還元の波は、私の住む町では思わぬ形で「恩恵」の形で打ち寄せてきました。それは、地元の食品スーパーの打った販売推進策のことなんです。今はいろいろなポイントは、ほぼ横並びで、だいたいが200円につき1ポイント付与の形で、何ポイントたまったらという特典が有るタイプがほとんどです。 昔からあるブルーチップス…
コメント:0

続きを読むread more

小田急5000形

小田急の新通勤型車両5000形を見ました。3000形は前面をスパッと切り捨てた形で、いかにも空気抵抗がありそうでした。事実、3000形がホームを通過する時は、かなりの風圧を感じました。次に登場した4000形は、多少前面がスラントしていましたが、まだ潔さが感じられないデザインで、新型車であることは分かっても、斬新な感じは受けませんでした。…
コメント:0

続きを読むread more

国産ジェットエンジンIHI XF9-1

国産の飛行機を作るうえで何が一番キーになるかといえば、それは間違いなくエンジンです。飛行機のキーパーツといえば、翼・胴体・降着装置・エンジンです。翼に関して言えば、主翼・水平尾翼・垂直尾翼の三つに分かれます。戦闘機の場合、主翼より前に前翼を付加す場合もあります。変わりだねでは、全翼機が有ります。最近では、主翼端に抵抗減少用のウイングレッ…
コメント:0

続きを読むread more

エアバス vs ボーイング

航空業界の巨人機路線は影を潜め、今や双発の遠距離の二大旅客機、エアバスA350-900,-1000とB787-9,787-10の一騎打ちの様相を強めてきました。提供される座席数は、航空会社によって異なります。キャセイパシフィック航空の場合は、以下のようになっています。 A350-900:ビジネス:38 (フラットベッド)、プレミアム・…
コメント:0

続きを読むread more

入浴剤はかくあるべし

この十数年間、入浴剤をある水を大事にする会社の製品のみ使い続けています。(と言っても、あの超大手の会社ではありません)。理由は簡単、人工香料を使用していないのと、風呂釜を汚さないこと、無香料であること、そして何より肌の潤いをキープする力に優れているからです。潤いキープについては、様々なジャンルの会社から、其れこそ星の数ほど商品が出されて…
コメント:0

続きを読むread more

冬と歯笛

冬は口笛にしても歯笛にしても、悪条件が揃っています。気温が低いことが一つ、そしてなんといっても湿度の低さ。唇が渇いてしまっていますから、いつもより音が出にくいのです。夜道にそっと音を出してみると、あまりに音が出ないのにオヤオヤと思うこともしばしば。そんな時、風呂桶に使ってゆったりしていると、自然に歯笛を吹いている自分がいます。 歯…
コメント:0

続きを読むread more

クラウドデータサーバー

世の中便利便利とばかりに、自社のデータサーバーを廃止してクラウドサーバーに全面的に移行してしまう会社が有るのには驚かされます。そんなにクラウドを信用しても良いものなのでしょうか。どんなにメーカー主導のきっちりをしたセキュリティシステムの下稼働しているからと言って、完璧に安全なクラウドなんて存在するのでしょうか。 しかも、実際にはバ…
コメント:0

続きを読むread more

火山観光 爆発

ニュージーランド、北島ホワイト島で活火山の爆発が起きました。日本でも数年前に、信州・御嶽山が噴火しましたね。箱根山でも噴火のために温泉源が一時的に断たれて、旅館組合が悲鳴を上げていました。火山は観光の重要な資源であるとともに、いざ、暴れ始めれば、とんでもない災厄をもたらす元凶にもなります。 ハワイのキラウエア火山だとか、アイスラン…
コメント:0

続きを読むread more

ファーストクラス

ギョッとするほどの差なんて、そうそう見つかるものではありません。と思っていましたが、ありました。なんだと思います、桁違いの金持ちでしか利用できないものです。そう、飛行機のファーストクラス利用で、ロンドンに行くとしましょう。旅行の日程にもよりますが、純然たる運賃は、驚きの250万円クラスプラスアルファです。これは、もう「とんでもない」世界…
コメント:0

続きを読むread more

人身事故からの復旧

鉄道がオープンな場所を走る限り、必ず人身事故は起きます。また自ら命を絶つ手段として、鉄道に飛び込むケースもかなりな頻度で起きています。この事故の要因はともかく、実際に起きてしまった後のリカバリーを見ていきましょう。サイトの記事を検索までもなく、私自身の体験では、おおむね一時間ほどで、運行再開になるのが最近の傾向です。 ところが、今…
コメント:0

続きを読むread more

RCS

第五世代のリッチコミュケーションの話ではありません。軍用機のレーダー反射面積を指す言葉です。少し、戦闘機に詳しい人ならば、スティルス能力の事だと分かると思います。軍用機は、敵に捕捉されることなく、なるべく敵地の奥深く侵攻する能力が求められています。そのための方法が、超低空を地面の高度の変化を追随しながら飛ぶか、超高空を高速で移動するかの…
コメント:0

続きを読むread more

相鉄・JR直通スタート

新しい路線の開設は、いつでも心沸き立つものが有ります。特に小田急の海老名の前後数駅の人には、新宿に行けるサブルートが常設されたのですから、この影響は大きいですね。サブルートと言ったのは、小田急が事故か何かで止まってしまった場合、新宿にはかなり大回りな方法でしかたどり着けませんでしたが、今度はこの新線を経由すれば、ほとんどロスなく行けるこ…
コメント:0

続きを読むread more

2020年 国民の祝日

国民の祝日は、固定しない日が多くなって、ホント分かりにくくなってしまいましたね。なぜ、その日に制定されたのかが意味をなさなくなった最たるものが、体育の日です。東京オリンピックを記念して制定され、10月10日となったはずでしたが、なぜか最近は都合の良いように移動されてしまっていますね。ちなみに、最新の国民の祝日は、以下のように国が発表して…
コメント:0

続きを読むread more

海抜4m地帯

海抜 って言葉は、割と耳にしますが、いったいどんな意味って聞かれると、意外やあやふやになってしまうのがこの言葉。また、標高という言葉もありますね。これの取り決め方は意外にも、元が同じだったりして?で、「富士山は標高3776m」なのか、「海抜3776m」なのかという表現の違いに、気づいてしまったので調べました。 東京湾の海面の平均的…
コメント:0

続きを読むread more

相鉄線 12000系にささった遮断桿

11月29日、相鉄線がJRに直通を開始する前日に起きた踏切事故は、これからの自動車運転の在り方を考えさせるものになりました。選りによって、最新の12000系に踏切の遮断桿が突き刺さるという珍しい事故でした。原因が、踏切で待っていたはずの女性が運転する乗用車が、電車が通過するまでの時間、ずるずると前進していって、踏切内に侵入していったため…
コメント:0

続きを読むread more

百里基地航空祭余聞

初めてのバスツアーによる航空祭行でしたが、思わぬハプニングが起きました。行きは順調だったのですが、帰りにバスの待つ場所へ30分近く歩いてたどり着いたとき、われわれの乗ってきたバスの運転手が、フロントの下回りに潜り込んで点検していたのです。何の説明の無いまま、戻ってきた乗客はとりあえず自分たちの席に付きました。しかし、バスの運転手は一向に…
コメント:0

続きを読むread more

F-4ファントム フィナーレ

今日は百里基地の航空祭。ここはアクセスが悪いので有名ですが、近年は自衛隊基地の航空祭に限っては、バスツアーが数多く企画されることが多くなり、それではというので利用してみました。今年限りで百里基地のF-4ファントムは運用から外れることが決まっているので、昨年は5万人程度の観客しか見込めなかったのに、このF-4ファントム引退→見納めというこ…
コメント:0

続きを読むread more

LEDの新顔

寒くなりはじめたこの時期、LEDによる飾りつけが華やかになってきます。今年も各地で300万球とか400万球とかいった、LEDの数を誇示する広告が出始めました。今までのLEDの特徴を上げると、省エネ、高輝度、長寿命でしたね。はっきりした色は得意でしたが、冷たい感じを受ける印象がありました。 青だけとか白だけとかだと、冬に似つかわしく…
コメント:0

続きを読むread more

本で視力回復

パソコン・スマホ・テレビと。目を使う環境は、常に存在します。しかも、明かりが無い時代は夕闇迫る頃から朝ぼらけの頃までの数時間~十数時間の間は、夜が支配する闇の世界でした。原始人はこの時間目を使う必要が無いので、目は十分な休養時間を貰っていました。焚火の時代はともかく、電灯が発明され、蛍光灯が出現し、今やLEDによる省エネライトが世間には…
コメント:0

続きを読むread more

ロト6の存在感

長らく宝くじは、事前に印刷された番号が、偶然に当選数字に合致するかで、一喜一憂していたものが、数字を自分で選んで買える宝くじ(=数字選択式宝くじ)が発売されるに及んで、購買層は二分されました。単純な仕組みであっても選択するという行為が意外と受け入れられないのか、ナンバーズやロトを買わない層と、従来のくじと両方を求める層に分かれました。 …
コメント:0

続きを読むread more

航空機メーカー イギリス編

航空機製造が有名な国といえば、アメリカ・ロシア・イギリス・フランス・イタリア・ドイツ・スペインあたりですが、その中でも群雄割拠状態だったのがイギリスです。20世紀初頭から現在まで、ガレージファクトリーからメガメーカーまでさまざまな規模の会社が生まれ、合併してきました。26社程度あった様ですが、今では機体の名前だけは記憶しているものの、も…
コメント:0

続きを読むread more

ゴルゴ13 vs ドローン

ゴルフ場のポールに狙撃の砲弾を意識して当てて、その跳弾が狙撃対象に命中するとか、人工衛星の船外活動の装備で、キラー衛星を打ち落とすなんて言うことをやってのけるスーパースナイパーといえば、ゴルゴ13しかいません。彼はいったいどんな訓練を自分に課しているのでしょうか。 並外れた体力と精神力は、瞑想分野でも素晴らしい能力を見せ、プロの兵器化…
コメント:0

続きを読むread more

欠陥スマホ

今使っているスマホは、約3年前に購入したものですが、いくつか致命的な欠陥が有ります。一番大きい欠陥は、マナーモードの設定に有ります。スマホを目覚まし時計代わりに使ってる方も多いと思いますが、当然マナーモードをオフにしておかないと、目覚ましにはならずにバイブだけビービーとやっているわけです。 なので、夜寝るときは必ずマナーモードを切…
コメント:0

続きを読むread more

カタログビジネスの限界

カタログビジネスは登場するや食いつく女性を中心に急激に売り上げを伸ばしてきましたが、もう一方のカタログビジネスである葬儀のお返しに送られてくる返礼品用のカタログビジネスは、もはや荒廃が酷くて使い物にならない状況になっています。通常、葬儀の香典返しは半額返しが通例になっていますが、これは実は間違った概念だけが広まってしまったものでなんです…
コメント:0

続きを読むread more

BlackFriday

今やブラックフライデーは世界中の安売りデーとしての認識を持つまでになりました。そのディスカウントレートは、半端な数字ではなく、モノによっては50%などまだまだって感じの勢いで安くなりそうな気配ですが、ドッコイそこには安売りならではの企業理念が練りこまれています。極端に言えば、いくら安くしても、しっかり儲けは取ろうとする戦略です。 …
コメント:0

続きを読むread more

B747

今日、久しぶりに羽田空港に行ってきました。モノレールから見える空港にじっと目凝らすと、ジャンボジェットボーイング747が一機も見えないのです。見えるのは、B737・B767・B787ばかり。効率を求めて、各航空会社がしのぎを削っているのは知識としては有りましたが、実際に目で見ると、その激変ぶりは驚くほどですね。 ETOPSの劇的な…
コメント:0

続きを読むread more