ベストカーのレンダリング

ベストカーのカラーページの特集の中に、素晴らしい画像を見つけました。
マツダの名を世に知らしめたロータリーエンジンを初めて搭載したコスモスポーツ、当時の衝撃的なデザインは今なお輝きを失っていませんが、そのコスモスポーツが登場して50年の節目を迎えるにあたって、新コスモスポーツの登場を期待する記事が載っています。

その見開きページのど真ん中に、編集部が最近のマツダデザインを十分に考慮に入れて作り上げたコスモスポーツの予想デザインが載っているのですが、このデザインが秀逸なんです。
このまま売り出して欲しいほどこなれたラインでありながら、新しい提案がふんだんに盛り込まれており、ベストカー編集部のレンダリング技術の高さがまさにこの一枚に結実されていると言ってよいでしょう。

自動車業界の記事を伝えることでは、いつも独走状態のベストカーは、その情報確度の高さはピカイチですから、この予想図がかなりの情報を基に書かれていたと後で知らされても、【そうでしょうとも!】と読者は思うことでしょう。
それほどにこの自動車雑誌の世界で確固たる地位を固めてきた同誌にとって、最大の武器は手書きイラストから、業界に先駆けてコンピュータによる予想イラストシステムを導入したその先見の明にあります。

もちろん、今のような完成度は、当初は望むべくほどもないほどに稚拙なものでしたが、その後ぐんぐんと面が綺麗に表現できる技術を開発していきました。数年後には、他社を圧倒するほどの技術が、毎号当たり前のように掲載され、読者をがっちりつかんでしまいました。

紛れもなく私もその一人で、最近でこそ綺麗さの面では、他の自動車雑誌もそこそこのレベルには達してきましたが、ベストカーにはまだまだ追いついていなのが現状です。
そのベストカーがまさに渾身の作としてコスモスポーツの新型イラストを掲載してきたのですから、情報確度はかなり高いのではないかと推測しています。
仮に全くの創作だとすれば、それこそ自動車デザインの専門家として、表彰状を献呈したいほどの力量をお持ちですね。マツダ本社の反応が気になるところでもあります。

ベストカーって凄い雑誌です。

"ベストカーのレンダリング" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント