パルスオキシメーター ピンキリ

指先にチョンと挟んでかんたんに動脈血酸素飽和度を測定できるパルスオキシメーターは、日本人の手によって発明された医療用機器です。 発明者は日本光電工業の複数の研究員で、中でも青柳卓雄が中心になって開発がなされました。当初は部屋に据え置くタイプでしたが、小型化への要求を満たしていった結果、現在のように指先に挟む形の器具形状となりました。 …
コメント:0

続きを読むread more