EXCEL 小さいマクロで超便利

エクセルのマクロって言うと、ああ、あの長ったらしいコマンドのVBAってやつね、と思いがちです。
でも、長ったらしいということは、略していないので分かり易いという長所でもあります。しかも、エクセルではいつも同じ手順でキーを押している操作さえしっかり覚えていれば、その操作をエクセル自身がプログラムを書いてくれる機能が有るので、それを活用すれば、意外なくらい簡単に自動化プログラムの体験をすることが出来ます。

しかも、いつも使っている機能を置き換えてくれるのですから、効果抜群です。
例えば、多くの場所にコメントを入れたい場合、以下の手順を踏んでいるはずです。
1.コメントを入れたいセルの右クリック
2.表示されたコマンドの一覧の中から、「新しいメモ」をクリック
3.コメントを入力
4.大概の場合、余白が余るので、サイズを調節
で、更にコメント欄の先頭に太い文字で、使用しているコンピュータの名前が表示されます、これが煩わしいと思う方は、いちいちこれを消去することになりますが、数が多いと結構面倒くさいものです。

また、コメントは意外に同じ文言を書き入れることが多いと思いますが、コメントの中味をコピーして貼り付けることはできるものの、いったんコメントを編集状態にしてコピーし、別のコメントも編集状態にしてから貼り付けます。これはもう、時間がかかるだけで無駄な作業になりかねません。そんな時、書き込みたい文言をある特定の場所に書いておき、その文言をコピーして、狙ったセルにコメント欄を作成し、そこに文言を貼り付けて、なおかつコンピュータの名前はカットして、コメント欄の余白も最小限にすることが出来たらドンナに便利か!と思います。

このように、しっかりと操作するイマージが出来てさえいれば、あとはマクロを組むだけです。
組み方は、次の機会に詳しく説明します。この機能をルーチン化できたことで、あるシートに200か所以上コメントを入れなければならない作業が、物凄く楽になりました。難しいマクロは、ある作業に特化しがちですが、小さいマクロは、いろいろな場面で活躍出来ます。
これは、是非覚えていきたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント