ヒーリングの奥義

ヒーリングをするうえで、一番活躍するのは何といっても手のひらです。手の平を当てた場所に何か異変が有れば、すぐにそれが分かるのがヒーラーです。何も感じ取れない人は、普通の人だと思って構いません。ヒーラーの掌は本当に繊細な感覚を捉えることが出来、驚くのはその感覚に見合った反応を起こします。
その反応とは、一般的には手が暖かくなる~熱くなる現象です。その温度上昇だけで、患部の治癒が促進されるのが凄腕ヒーラーの能力です。

また、親指の感覚もまた非常に精密な測定器より細かい分析能力を有しています。
レンズや金属加工の現場では、機械による精密研磨が終わった後に出番が来るのがベテラン技能の持ち主の指先です。
何ミクロン単位と言った精密加工分野において、平滑度はベテランの指先の繊細な感覚があるからこそ平滑な表面の最後の仕上げは、一定以上の品質に保たれているのです。

こんな精密な感覚を有している指先がヒーリングに使われているのです。
実際に肩もみでも、最初の一押しだけで、その方の現在の状況を把握して、どこをどれくらいの強さで何秒間押して、リリースの速度………つまり、押した指の力を抜く速度も計算ではなく瞬時に指が自動的に反応して、肩の凝りを有効にもみほぐすための力加減を感じ取って、自然にヒーラー自身にフィードバックしているのです。

触った感覚と加圧に抵抗してくる肉体の反発力をヒーラーは有効に利用しています。
肉体を力任せに押すのではなくて、肉体が加圧された力に対抗しようする反発力をどの程度有効に利用できるかが、整体師や整復師のみせどころですが、ヒーラーはもう少し違った力を駆使して患者の肉体に入り込んでいきます。それは、実に無駄なく技の力を駆使して、エネルギーを投射しつつその反射を指先や手のひら全体で受信して、元の肉体のあるべき姿に復すイメージを投射して、肉体にその記憶を呼び起こさせるのです。

これが、一般的に言われているヒーラーの技の根本ではあります。なぜ、ここで一般的と言ったのでしょう。大方のヒーラーは隠してはいますが自尊心が異常なほどに強い人が多いのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント