スタンプタイプのトイレ用洗剤の是非

今トイレ用洗剤市場では、数社が入り乱れての販売合戦を繰り広げていますが、新顔の便器内にスタンプするタイプは、手軽で手も汚さないため、ヒット商品の仲間入りをしています。が、これの使い方には実は注意が必要だって知ってましたか。

元々、便器の汚れを防ぐためのトイレ用洗剤ですから、便器内と綺麗にするのは当たり前?ちょっと待ってください。トイレに流す水はどこから来ますか。そう、一部の最新機種を除いては、大量の水を勢い良く流すために、タンクが付いていますね。このタンクに水をためて、水道の勢いだけではとても無理な勢いをつける仕組みなっています。

ここで、洗剤を全然使わないで、トイレを使い続けたとしましょう。どんなことが起きるでしょうか。
「そりゃあ、水だけじゃあ、だんだん汚れてきちゃうんじゃない?」どうして、汚れるんですかって聞いたら、「タンクの中に雑菌がだんだん繁殖してきて、それが汚れの素になって、便器の水面の際にはクロズミが現れますね。

これを、どこかのメーカーがさぼったリングなんて言っていますが、言い得て妙です。で、褒めていてもしようが有りませんので、話を続けましょう。つまり、タンクの中は汚れが出てきてしまうことは理解しているわけです、それなのに、タンクより下の部分にだけ汚れを落とす洗剤を貼り付けると、タンクの中は綺麗になってみようがない状態のままということになります。

つまりスタンプタイプのトイレ用洗剤は、トイレの水の流れ全体を綺麗にするなんてことは少しも思っていなくて、ただ、見てくれとアイデアだけの商品ということになります。タンクの上に手洗い用の水が出るタイプならそこに洗剤を置けば、タンク内もきれいになりますし、もし完全にふたをするタイプでも、タンクに直接入れる洗剤もあります。

つまり上流から綺麗にする仕組みにしないと、あなたの家のトイレは雑菌付きの水が便器内に流れ込んでいることになるのです。
どうです?そういわれると怖いでしょう。スタンプタイプは、あくまで補助としての役割しかないことを、覚えておきましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント