ネットビジネスの凄さともろさ

世の中、よくもまあこんなにも新サービスを考え出せるもんだと、頭の固い人種には絶対にまねのできない商売が続々と誕生しています。

つい買ってしまったけど、一・二度使ったきり、そのまま台所の隅に追いやられているものって結構ありますよね。
例えば、麺打ち機とかホームベーカリーなんかは代表格でしょう。ほかにも、美容家電のイオンエフェクターとか泡が出る美顔器、EMSのダイエットマシンなどなど、いろいろなものが、最初の頃は使っていたのに今は全然……使っていないという方のためのサービスが有るんですね。

生まれた時代が古いせいか、この種の食品関連とか体に付けるものとかの貸し借りには、物凄い抵抗が有ります。洋服くらいなら洗ってということで許容範囲ですが、EMS痩身器となると、いくらパッドの貼り換えが出来るからと言って、人の使ったものは何かもう使いたいという気が起きません。

それは、きれいなものかもしれないし、貸し出しのために物凄く汚く保管されていたものを、一応見栄えは体裁を繕えるくらいにまで綺麗にしたものかもしれません。また、皮膚病の方が使っていたかもしれません。今だったら、さしずめコロナウィルス?(考え過ぎ?)なんて思ってしまいます。

一度きりしか履いていないからと言って出品される靴を、あなたは履くことが出来ますか。水虫菌が蔓延している人が履いたものかもしれません。これが陶器なら、良~~く洗えば使えますね、頑張れば!きっちりした漆器のお椀なら、これもまぁいやいや大丈夫でしょう。でも、地肌の美しさが売りの木製品、特に箸は願い下げです。 年季が入って渋い風合いの机とはわけが違います。

ビジネスモデルの新分野を開拓している方には大変申し訳ないのですが、こうした人との接触の極めて近い分野での物品を、借りたいニーズと貸したいニーズのマッチングだけで、商品チェックが無いもの、特に衛生面でのチェックもなしに流通させて良いものなのでしょうか。

また、パーツの欠品が、実は確信犯だったりしたらどうなんでしょう。貸した時は有ったのに、帰ってきたら欠品??何でこんなことを記事にするかといえば、この種サービスは最初の頃は良いんです。しかし、利用人口が増えてくると、必ず出てくるのが、この仕組みを悪用する連中の存在です。これに対する防御を、きっちりと立てているのなら良いのですが、どうもそうは思えません。

人は残念ながら、全員が良い心の持ち主ばかりでないところが悲しくはありますが、しかしこれもまた事実です。新サービスを開始する時は、こういったサービス側から見ればとんでもないことを、悪用する側は仕掛けてきます。さまざまな考えうる限りのことを想定して、万全の態勢を敷いてからサービスを開始してくださいね。相手は手ごわいですからね。

と、こんなことを言ってるから、儲けられないんですかねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント