がんと闘うツール ヤマト糊

ヤマト糊の主成分であるポリビニルアルコールは、がん治療の有力なツールになるとの朝日新聞の記事に、驚いた人もたくさんいらっしゃるでしょうが、何故か前にも聞いたよう………と思ったら、昨年の5月にも東京大学のチームが白血病の骨髄移植で重要な細胞を、大量に培養できたという記事の事でした。

それにしても極めて普通に家庭で使用する糊の主成分が、二度も医療分野での重要なツールとなり得るとの発表は、興味を惹くのに十分です。さらにこの発表のキモは、非常に安い材料であることがポイントです。キムリアに代表されるがんの超々高額医療は、効果が有るのは分かっていても、余りの高額で、毎月薬価が見直されてはいるようですが、それでも高額なことには間違いはなく、一般人には適用不可能な治療法です。

対して、こんな安いノリを使用してがんに有効な治療法を開発しようとした東工大の若い研究チームの発想には頭が下がります。まだ研究は端緒についたばかりですが、今後の在野の研究者の進む方向を変えてしまうかもしれないほどのいわば「カルチャーショック」を与えたのではないでしょうか。

ヤマトは文具の専門メーカーとして、非常に地道に商売をしてきている会社で、性急な拡大路線を取ってはいませんが、身の丈に合った商売を続けていると言ったら、失礼でしょうか。会社自体も、この発表にはまさに「仰天」ものであったようで、あまりの反響に「一般消費者の方の本来の目的以外の誤ったご使用はおやめくださいますようお願いいたします。 」の一文を自社のホームページに載せた程です。

実はこの会社は、私が勤めていた会社と同じ社会保険の組合に加盟していましたので、この組合が主催する毎年のスキーツアーでは、いつも一緒だったという縁が有るのです。それだけに、このニュースには、一般の人たちよりはよりインパクトが大きく、文字通りびっくりもんでした。

これから同じような発見があるかは分かりませんが、野次馬的視線で見れば、もっと見つかって欲しいと思ってしまいます。そして、高額治療で馬鹿儲け会社の度肝を抜いてやって欲しいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント