「エリアメール」 の嵐が来襲

エリアメールの着信音が、ガンガンなっています。私が住む相模川水系の流域に位置する市町村では、台風19号の接近に伴う豪雨の影響で、河川の増水が激しく、氾濫危険水位を突破する河川も複数出てきました。そして、あちこちに注意報が発令するたびにエリアメールのチャイム音が鳴り響きます。でも、これは今回の台風にあっては、まさに氷山の一角でした。

箱根で24時間の雨量が1000mmを越したのをはじめ、各地で過去の記録を大幅に上回る降水量を記録し続けました。その結果、ダムの貯水量限度をオーバーするところが続出。夜になって、関東の大河川につながるダムが軒並み放流を開始すると発表する事態となりました。
神奈川県だけでも、相模湖の相模ダムと相模湖の道志ダム、この二つが流れ込む津久井湖の城山ダムの水系がつながっている三つのダムが、すべて放流しています。最終的には、相模川に流れ込みます。

また、丹沢湖の三保ダムは、酒匂川に放流しており、そのどれもが下流の氾濫につながる危険性が大きいと報道されています。しかし、今回は荒川水系の二瀬ダムと利根川水系の川俣ダムも放流を開始し、さらには、あの小河内ダムまでも放流を開始しました。小河内ダムは多摩川水系ですので、関東の大河川は、増水して氾濫する可能性を持ってしまうことになってしまったわけです。

二瀬ダムは放流すると発表した後、いったん放流を見合わせるとしながら、結局放流したと報道されましたが、本当のところ、報道各局の情報が混乱していて、放流したのかどうか明確ではありません。混乱した情報は徒に下流地域の人心を惑わせるだけです。早めに正式な発表を行うのが本筋ですが、関係者もこんな事態はあまり想定していなかったのでしょう。

地球温暖化が進み、ついにこんな強烈な大雨を降らせる台風が日本に来てしまったことは、地球という目で見て、とても深刻な状況であることを、今この時点で被災された方は身にしみて感じたはずです。外国でドンパチやっている兵士や、安穏と暮らしている政治家を集めて、この被災地を見学するツアーを国として実行してみてはいかがでしょうか。

環境省の大臣も変わったことですし………。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント