消費増税と何とかPay

増税直前、あなたはどんな自衛策をとっていますか?還元の言葉につられて、何とかPayにつられて、加入したりしていませんか。個人資産の保全を図る時期が来ました、何を大げさな!と声を上げる前に、この種のカードを使える場所を思い浮かべてください。

というのも、なんとかPayを使わない食品スーパーでのお買い物額は、何とかPayを使える小型商業店舗の総計額をはるかに上回ることに着目してください。あなたのお宅の食品を購入する購入先ごとの集計をしてみてください。大型商業施設の食品スーパーでの比率が群を抜いて高いと思います。そして、これらの店舗は、xxxPayの取り扱いについて何らアナウンスしていません。

そもそも今回の増税対象から、食品は除外されています。(一部対象品あり)つまり、圧倒的な消費シェアである食品スーパーでの買い物には、8%から変わる要素が無いのです。だから月々せいぜい1万円にも満たない額の割り戻しを貰うことを念頭に、クレジット絡みの新しい口座を増やすことは、いずれ自己で管理できなくなってしまうのが落ちです。

便利便利で使えば、当然貯蓄は減っていきます。そうでなくても、スマホとゲーム課金と有料テレビなどで、財布がいつもきゅうきゅうしている人たちが、他の消費に振り向けられるだけの可処分所得の余剰を持っていないの現状です。小口のクレジットを増やす目的が見え見えの今回の割戻し作戦は、結局たいして成果を上げることが出来ずに終了することでしょう。

今、皆さんがやってはいけないことの筆頭に挙げるとすれば、XXXPayに加入することです。なぜなら、プリペイド方式で支払うのが圧倒的に多いと予想されていますから、プリペイドの名の通り、いくつものプリペイド方式のカードを持つことになれば、それだけ手持ち現金が減り、預け金だけが分散されて財布の中のカードに眠ることになり、自分の富をただ徒に分割して持っていることと同じことが、あなたの財布の中で起きているのです。

もう、お判りでしょう。今回の増税に伴うクレジット利用のおすすめは、個人個人の資産を薄くしてしまう悪政と言って過言ではありません。
そんなお先棒を担いで、「xxxPayは便利だよ!」なんて触れ回ると、あとで友人連中から恨まれることになります。
お金はあくまで現金。現金に勝る使い勝手の良い信用移動手段はありません。そこをよーく肝に銘じて、この増税さわぎを静観することを、お勧めいたしますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント