令和元年

こういった「節目」には、必ず行われるのが、様々なイベントですが、その中でも定番は結婚式でしょう。
今夜も一体何組が、式を挙げたのでしょうね。たまたま、元年が挙式の予定のカップルはいたかもしれませんが、どうせなら、元年の最初のそれも零時を過ぎた瞬間にと、挙式をずらしたカップルも多かったことでしょう。

でも、おめでたい事なら、そして厳かに式が進むのなら、それは良い記憶となります。
また、平成に入ってから起きた様々な自然災害に見舞われた地にあっても、復興の名のもとに立ち上がった人達を勇気づける花火が夜空に開きました。

花火は、その瞬間瞬間の記憶を鮮明に植え付ける素晴らしい舞台装置ですね。
しかも、近年のIT化が進む花火業界では、正確な間隔を保ちながら、多方位にスプラッシュの如く打ち上げる手法が目立つようになりました。

今後、Aiがどの程度進み、どの程度社会に貢献するようになるか、それこそ専門家でない一般の庶民にはあずかり知らぬことではありますが、一般庶民の数は圧倒的に多いわけですから、それらを束ねる地位についた者たちの責任は、常に問われ続け白日の下で演技することが求められています。

今や、旧態依然の政治家の出る幕は、あとほんの少ししか残っていないと思って構いません。
次の動きは、一般庶民の中の発言力を行使できるものに左右されるようになることでしょう。
でも、それをきっちり見張りかつ正しい道筋から外れたら、それを断固阻止することを意識しないと、これからはあっという間に社会に変容が起きるでしょう。

それほど、社会の基盤が緩くなってきているんです。
元号が変わったこの時をとらえて、自分が社会に何ができるかをきっちりと考え、発表していきましょう。
これからは、自分の意見を出さないと、社会に埋没する危険性が、異常に高まっている時代だと言えます。
協調と自己発現、令和はこれで行きましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック