ドライブレコーダー

ドライブレコーダーの普及が目覚ましい速度で進んでいます。
それにつれて、ドライブレコーダーからとれる珍しい映像もたくさん公開されるようになってきました。
その中でも、撮りっ放しという性格上可能となったのが、隕石の落下映像です。

テレビ朝日のニュースで放映されていた映像がこれです。
https://www.youtube.com/watch?v=S2BdjsWEZP0
4月2日、アメリカ・フロリダ州に落下した隕石と紹介されています。

実は、このニュース映像の解説には、重大が間違いあったのですが、気が付きましたか?
「この隕石の落下による被害はありませんでした。地表に達する前に、燃え尽きたようです。」正確なトレースではありませんが、こんな内容だったと思います。

実は、流れ星と隕石の違いをはっきりと知らないとこのような解説になってしまいがちなんです。
これは、どちらも星間物質のかけらが、地表に向かって落下する際、空気との摩擦熱で発光したのち、燃え尽きて地表にまで届かないものが「流れ星」、燃えきれないで一部が地表に届くのが「隕石」なんです。

ですから、「地表に達する前に、燃え尽きたよう・・・」となれば、これは隕石ではなくて、流れ星と表現するのが正しいのです。重箱の隅をつついたような解説ではありますが、これは国立天文台の公式な発表の際の規範となるものなんですね。

それにしても、鮮やかな画像が、このように容易に入手でき、気軽によその国の出来事を簡単に楽しめる時代になったことを、感じています。
今後もドライブレコーダーによる珍しい映像の公開は続くでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック