ニッサンe-Power

日産のゴーン体制が消え去ると同時に湧き上がってきたのが、e-Powerを核とする新型車の発表を期待する声です。今の日産には売る車が限られてしまい、いわゆるどうしようもない状態です。
あれだけ売れていたキュービック・マーチなども、現行モデルのマイナーチェンジでしのいでいるわけで、今年に入ってからの車名別ランキングベスト50(自販連発表)には、キューブはランク外です。

今の日産は、ノートe-Powerとセレナe-Powerで台数を稼いでいるだけのさびしい状態です。
しかし、ゴーンという大きな重しがいなくなってからは、俄然日産内での動きが変わってきたとトップ記事では騒いでいます。

その筆頭が、e-Powerを大出力化して、より大きな車両にも搭載しようという動きです。
現行のe-Powerの派生先は、発表がズレにズレているジュークでが一番先でしょう。
当初のスクープ記事ではダルなデザインで、こりゃあ駄目だと思いましたが、最近のものは、オォなかなかイケルじゃん。

次に、海外で販売されているティーダのe-Power版が狙い目でしょうね。
車幅などを日本仕様に変更する必要がありますが、かなりの数量の販売が期待できるのでは………?
むしろ、車名復活として、サニーのハッチバックを出したなら、かなりいい線行くと思いますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック