何とかPayや電子マネー

スマホによる電子決済の仕組みに名前を付けて認知度の向上を図ろうとしたのが***Payです。
スマホ以外でも、カード形式の電子決済もありますね。
ますます、現金決済の場が減ってきました、と政府はこう言いたいのですが、残念ながら、日本は現金決済が主流のままです。

しかも、ここにきて多くの業者が独自の方法で、業界に雪崩を打って参入してきています。
まさに群雄割拠を地で行っています。
困るのは、業者ごとの特徴出そうとするあまり、互換性など全く考慮してないんですね。

しかも、スマホだけで完結するタイプが多いので、一台に複数のアプリを詰め込む人も出て来ていますが、これは自己管理能力が高い人でも、とても危険な方法です。
pring  はまPay
ゆうちょPay  YOSA! Pay
楽天Pay  PAY ID
ePay  pixiv Pay
LINE Pay QUOPay
d払い
Origami Pay
Amazon Pay
au Pay
セブンペイ
PayPay

だいたい、こんなに有ったら、取扱店が分散しきってしまい、便利さは半減どころか5%も感じられません。
覇権争いは結構ですが、徒に混乱を招くだけの勢力争いは辞めていただきたい。
こうなってしまうから、日本では現金払いがなくならないという。皮肉な結果にもなっています。

便利便利と触れ回って、結局、自己破産になってしまう可能性が高まっています。
クレジットとは「信用」という意味ですから、今のクレジットは本来の意味からすれば、別物と言ってよいほど遠い存在です。

こんな無秩序を許しているから、政府の管理なんて聞く耳を持たないのが業界団体。
ま、業界は消滅はしないでしょうが、共食い合う構図ははっきりと見えています。
金融人食いの時代がやってきたのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック