非常ベル

今日6時ごろ、勤め先のビルの外から、非常ベルの音が聞こえてきました。
通常、非常ベルは鳴り出してもすぐに原因を突き止めるようにしていますので、そんなに長く鳴り続けることはありません。

しかし、今日は違いました。
20分以上鳴り続けているのです。
やがて、消防車もやってきました。

この近辺では、昨年の年末にもビルのリニューアル工事中に、発煙騒ぎがあり、この時も消防車が10台以上集結しました。そのボヤ騒ぎのビルの二軒裏手のビルが、今回の非常ベルの鳴動元のようなのですが、目立つような発煙は見られませんし、火災現場特有の匂いもしません。

ベルの元を丹念に見ていくと、半地下になっているステーキメインのお店があり、そこの店員が何やをらじっと見つめていました。そこらあたり一帯だけ薄青い煙がかかっています。
どうやら、排煙ダクト内に固まった油のかすがくすぶっているようです。

これだけ消防車が集まり、しかも煙のほぼ見えない状態なら大きな火災にはならないだろうと思い、現場を離れましたが、やはり気になって、数十分後にまた行ってみると、今度が消防車はすべて引き払い、いつもの静寂が支配する路地に戻っていました。

非常ベルは人の気持ちを粟立てるけたたましい音なのですが、何と30分程度鳴り続けたその音にさえ気が使い人がいたんです。ここがまさに都会たる所以です。
我関せずの典型でしょう。多少の雑音は意識の外に押し出されてしまうのです。だから、どうして?と思うようなことが、しばしば起きるのだなぁと、つくずく感じた次第です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック