おいしい肉を食べるなら…

肉料理専門店で、美味しさを求めたら、請求金額はかなり高くなります。
A5ランクの黒毛和牛のランプ肉を300グラム 考えただけでも、ゾクゾクもんですが、これをレストランで食べたらいったいいくらになるでしょうね。

まあ、ここまで求めなくても、食肉売り場で販売されている国産ブランド牛の価格は、かなりなものです。
でも、レストランでも肉料理専門店でもいいんですが、お店に入って食べるときは、その料理から収益を得るわけですから、例えば5000円の肉料理(大体150グラム前後)と言ったら、実際の食材部分の原価はせいぜい2300円くらいだと一般的には言われています。

そんなに安い食材を使っているの?と思ったのなら、自分で150g5000円の国産黒毛和牛の肉を買ってきて、軽く塩コショウと定評のあるスパイスを振りかけて、自分の好みの焼き方で食べたほうが、はるかにおいしい肉を食べることができます。
これくらいのクラスになると、下手な味付けより、シンプルに焼いただけの方が、おいしく頂けることが多いのです。

肉料理のソースには、物凄く美味しいものも確かにありますが、ほとんどは安い食材を美味しく感じさせるために作られています。
ですから、肉の持つ味わいだけを堪能できるクラスを買い追い求めることで、とても満足感の高い料理を食べることができます。

これは、ウナギにも言えることです。
現在の相場で行くと、うな重は3800~5500円クラスが主流です。
でも、一流デパートの地下の食品売り場には、二人前クラスの味付けLサイズウナギが、3000円弱で買い求めることができます。
これを買ってきて、自宅で少しおいしいお米でうな丼を作れば、そこらのお店がひれ伏すほどのうまさを引き出すことが可能です。

いかがですか、決してケチで言っているのではなく、コストパフォーマンスを求めれば、必然的にこの結論に達したので、あえて記事にした次第です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック