相鉄:爆発?の原因

台風が日本列島を直撃した日の早朝、相鉄で爆発音とともに車内に黒煙が充満し、停電が発生する騒ぎがありました。

相鉄では社長名入りのお詫び文を、WEBで公開しました。(以下に転載します。)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2017年(平成29年)年10月23日
停電および列車からの発煙による一時運転見合わせについて(お詫び)
相模鉄道株式会社
相模鉄道(株)(本社・横浜市西区、社長・滝澤秀之)では、2017年(平成29年)10月23日(月)早朝に相鉄線の広い範囲で停電が発生し、また一部の列車でショートが原因と思われる発煙が発生しました。
このため、全線で一部運転を見合わせ、午前8時30分ころ運転を再開しました。
ご利用のお客様には、ご心配とご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。
詳細は下記のとおりです。


1.発生日時 2017年(平成29年)10月23日(月)午前4時38分ころ
2.発生場所 停電:かしわ台駅構内、上星川駅~三ツ境駅間、二俣川駅~いずみ野駅間
発煙:二俣川駅(横浜市旭区二俣川2-91-7)付近
3.経過
 (1)午前4時38分ころ、かしわ台駅構内で停電が発生。
 (2)午前5時28分ころ、二俣川駅付近で停電。
   同時刻にほぼ全線にわたる停電が発生。合わせて二俣川駅に向かって運転
   していた湘南台駅発上り各駅停車の列車から発煙(横浜駅寄り2両目)を確認。

(以下、略)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今回の車両の年式は分かりませんが、8000系ですから製造年の古いものは1990年、新しいものは1998年製なので、やや古いぐらいの車両です。
実際のところ、乗客の撮影した映像を見ると、かなり凄い黒煙が出ており、乗客がパニックになったのも無理はないと思います。

台風の強さがけた外れだったことで、思いもよらない災害が、まだまだ国内ニュースで取り上げられています。
自分だけ間が前ていれば良いという時代は終わってしまい、どこから何の災害が降りかかるか分からない時代になったということなんでしょうね。
オォ、クワバラくわばら。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック