つづれ折りの坂道から

アクセスカウンタ

zoom RSS ボルト最終レース

<<   作成日時 : 2017/08/14 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝(8/13)テレビを点けたら、ちょうど世界陸上男子リレー100m×4の決勝が行われる場面が映し出されていました。結果はもう皆さん知っているとおりですが、リレーという種目の難しさがこれほどはっきりと浮き彫りになったケースもないのではないでしょうか。

何より驚いたのが、ジャマイカの最終走者のウサイン・ボルトが、バトンを受け取ってわずか数歩の時点で、太ももの筋肉がけいれんを起こし、地面に崩れ落ちるシーンでした。
あれだけ無敵を誇り続け、スタートで出遅れても必ずレースのトップであり続けたボルトの最終の舞台で起きたこの足の故障。
あまりの痛みに転倒して前転する場面がスローで再生されると、まるでお膳立てができていたかのように会場を盛り上げる小道具である炎の吹上とボルトが重なり、一層印象的な場面となっていましたね。

今年、ボルトが早々とこの世界陸上をレース生活の最後の場にすると公言していましたが、不敗の王者が何故引退するのかとの声が多く聞かれたのは事実です。
今回もこのアクシデントが無ければ、あの後半の素晴らしい伸びで優勝していたかもしれません。
しかし、結果がすべてのこの世界で、最終レースの最終走者の重責を果たせずにレースを終えたという「事実」によって、ボルトの時代が終わったと皆が感じたはずです。
それ程に象徴的な出来事でした。

他方、日本は銅メダルを獲得しました。しかも、予選とはメンバーを変えて臨んできました。
ボルトのことが無ければ、3位という地位は取れなかったでしょうが、これも結果が全てです。
レースを見ていると、人種差別をするつもりは全くありませんが、肌の色が白いのはイギリスと日本くらいですね。
卓球の世界が、中国人ばかりに成ってしまったのと同じ現象が起きています。
世界のスポーツは曲がり角に差し掛かっているのですね。

それにしても、昨晩の11時半に世界陸上の中継が始まり、400m男子リレーを「いつ始まるか」とずっと待っていた人達は、結局朝の6時まで引っ張られてしまったわけです。
テレビって、あざとい文化と言われますが、それを地で言った今回の中継でしたね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボルト最終レース つづれ折りの坂道から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる