エクセルファイルが突然肥大化

いやぁ、驚きました。
知人とやり取りしているエクセルのファイルがあるんですが、結構大きなデータを扱っているので、だいたい2.5MBくらいの容量で推移していました。

そして、ルーチンのように週に三度はやり取りしているので、ファイルサイズなど気にせずに作業を続けていました。
あるとき、ふと気になってファイルサイズを見てみたら、20MBにもなっていたのです。
え~っと思って、ファイルを開き中身を見てみましたが、行数はあまり変わっていずせいぜい15000行、列数は僅か20列ほどです。

何でこんなに不思議なことが起きるのでしょう。
丹念にデータをトレースしていきました。でも、な~んにもこれはと思えるものは見つかりませんでした。

データを見つめてるうちに、眠くなってきてしまい、緩慢なマウスの目的のない動きを10数分したあと、「あいつ」が出てきたのです。
それは、挿入した図形の残骸でした。エクセル的にいえば、「オブジェクト」です。
ある場所に夥しい数の「四角」が出てきていたのです。
その辺りをクリックすると、出るわ出るわ四角だらけになってしまいました。

一つずつ消していきましたが、いったい幾つあるんだというほど、湧いて出てきます。
オブジェクト一つくらいなら大したデータ量にはなりませんが、これほど夥しい数があると、話は変わってきます。

こんな時の対処法はただ一つ。
次の手順で、一度に消してしまいましょう。
1.「ホーム」タブの「検索と選択」をクリック、「ジャンプ」をクリックします。
2.「ジャンプ」のダイアログボックスが開きます。「セル選択」をクリック
3.「選択オプション」ダイアログボックスが開きます。「オブジェクト」を選択し、「OK」
4.「ホーム」タブの「クリア」⇒「すべてクリア」

このステップごとに、時間がかかる時がありますが、決して焦らずに確実に一つの処理が終わったことを確かめながら、作業を進めてください。
場合によっては、とんでもなく処理に時間がかかります。
気長に気長~~~~に。

そして、めでたく処理が終わったら、サイズを調べて見てください。
私の場合は、20MBであったものが、なんとなんと2.5MBを切る大きさになりました。
当然動作は軽くなりまたよ。
エクセルって、便利なんですけど、たまにこういうことが起きますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック