ティーダが生産中止ほか

日産の小型セダンで、あのサニーの後継車種だったティーダが絶版になるんだそうです。
いくらセダンタイプが不振だと言っても、これだけ車種を減らしてしまうと、もはや日産はフルラインメーカーとは言えなくなってしまいましたね。

そこへいくと、トヨタは車種が多すぎて整理するようですね。
ざっと挙げてみましょう。
FJクルーザー これは、少しファニーな顔を持つ車として、登場時に話題となりました。
ウィッシュ この車は本田のストリームの登場によって、トヨタの牙城が崩されかねないとして、急遽開発されたストリームキラーです。事実、この後ストリームは生産中止に追い込まれました。
iQ こんなに実用性の低い小型車まで、あのトヨタが出すのかといぶかる向きもあった車ですが、いかんせん趣味に走り過ぎでしたね。
bB 車は開発する際、粘土で作られた実物大のクレイモデルを作りますが、bBはコンピューター上だけで設計を完了して車として、発売当時賑々しく報じられました。この車の廃止によって、兄弟車のスバルのデックスも生産中止。
RAV-4 ショートワゴンタイプのSUVというコンセプトが受け入れられずに、他社のSUVの後塵を拝すことになってしまいました。むしろ、今までよくこれだけ売ってきたなと思います。販売のトヨタの面目躍如ですね。

本田に目を向けてみましょう。
CR-Z 言わずと知れた本田のハイブリッドスポーツです。急激なハイブリッドの開発競争の隙間に生まれたこの車は、結果的にパワートレーンが中途半端になってしまい、名前を消すことになりました。
CR-V クエイティブ・レクレーショナル・ビークルの頭文字が、CR-Vが名前の由来ですが、つくりは手堅いもので平凡極まりないデザインでしたが、モデルチェンジのたびに大きくなってしまい、逆に存在感が薄れてしまいました。
FITのフレームを使ったヴェゼルが意外に販売好調のため、生産中止に追い込まれたようです。

新車がどんどん生まれてくる半面、こうした絶版車も生まれてきます。
厳しい世界です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック