研ナオコと中島みゆき

研ナオコと言えば、個性的なルックスと、角度美人であった時代、それに、コミカルな演技が冴えわたる芝居と、芸能活動の幅の広さには定評があります。その彼女のもう一つの側面が、「中島みゆきを歌う研ナオコ」ではないでしょうか。

実際に彼女のディスコグラフィを覗いてみると、かなりいろいろな方から楽曲の提供を受けていることが分かりますが、それでも中島みゆき色が強いのは、そのヒット曲の多さによるところ大です。
歌の実力は間違いなく本物でした。残念なことに、「でした」の過去形なんですね。

実際のところ、中島みゆきはシンガーソングライターとしては異例なほど、提供した楽曲がヒットチャートを賑わすことで有名です。それらはほとんどの場合、実力のある歌手が歌唱を担当した時のもの。その一角を、研ナオコは占めていました。

歌手として続けていくときの「肝」は何だとお思いですか。
歌手はいったんヒット曲を出すと、ある時期その歌ばかり歌い続けることになります。
そして、しばらくヒット曲に恵まれなくても、その間何かに引っ張り出されて歌う時は、やはり、往年のヒット曲ばかりです。問題は、その時の歌唱の変化です。

何時歌っても、そのバッキングがカラオケでも、チープな生バンドでも、その歌唱そのものには何の変化もなく往時を偲ばせる声・タイミングを維持させて、歌を聞いて[下手になったなぁ]と思わせない歌手が、本当にうまい歌手であり、息の長い活動を続ける絶対条件です。

北海道の歌手でもあの選挙に熱心な男性歌手のように、せっかくの良い声を持ちながら、努力せずに大言壮語をはいたために過去の人になってしまった例が、如実に物語っていますからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック