宝くじ-残り福

宝くじ売り場は、繁華街に行くとここにもあそこにもという具合に、
まさに過当競争の見本みたいなところが有ります。そのため、くじ
売場単独の工夫をして、集客アップに努力しています。もう当たり
前になってしまいましたが、「本日大安吉日」「本日一粒万倍日」
などの看板はその典型でしょう。
また、ロト6やロト7のキャリーオーバーの幟(のぼり)も、すっかり
目に馴染んだ感じがします。

そして、宝くじを購入した客には、「大きく当たりますように…」と申
し添えますね。こうした、いろいろな工夫は、しかし、あまりにも簡単
にマネできてしまいますし、「あっ、それイッタダキ」となれば、あっと
いう間に他の宝くじ売り場でも真似をしてしまいます。

今日見かけたのは、ばら売りの最後の数枚のスクラッチくじの前に、
「残り福」と遠慮がちに書いてある目新しいものでした。古来から、
「残り物には福がある」を現代風に短縮して、書いたものでしょうが、
なかなかどうしてキャッチィーではないですか!いいセンスですね。

ちなみにこの宝くじは、一等5000万です。スクラッチとしては、最
高額です。
で、思わず買ってしまいました。残り9枚のうち、5枚。当たったか
どうかは、……。まだ削っていませんヨ。
死後に残った4枚に福が有ったりして………と貧乏人のコメントで
締めくくります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック