定食屋の値段

昼飯と言えば定食屋というくらい、サラリーマンには馴染みの大
衆食堂ですが、定食屋の悩みはいつも同じです。毎日利用して
貰いたいから、コストパフォーマンスに優れたメニューを揃えてい
ます。そして、人気が出てくると、当座はバンバンザイなのですが、
長く営業していれば、食材の値上がり・賃金の上昇など、コスト
の問題が見過ごせなくなります。

そこで、恐る恐る値上げをしてみるとことになるのですが、客より
も店の方がナーバスになりすぎて、値上げできないままずるずる
と長い間同じ値段で提供し続けて、結局は廃業の憂き目に会う
なんて話は、この業界にはゴロゴロしています。

なぜこんな現象が起きるのでしょうか。それはメニューを固定し
すぎるからなんです。だから、とんかつ屋と謳ってしまうと、とん
かつという固定したメニューの中で勝負しなければなりませんか
ら、値上げはしっかりと「値上げ」と客の目に触れるわけです。
その点うどん屋などは、組み合わせる具材を客の好みで選べる
タイプのお店では、目立ちにくいと思われがちですが、これが意
外や客はかなり食べるものが偏っていることが多く、利用する時
はほとんど同じものを選ぶ傾向が強いのです。

ハイコストパフォーマンスを誇ったあの丸亀製麺も、サツマイモ
天やカボチャ天が一挙に30円も値上げになってしまったため
に、うんと安いからちょっとだけ安いになってしまいましたね。
こんな風に人は好みの店について敏感ですから、だからこそお
店の経営者は値上げ時を見極めるのが難しいんでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック