目を良くしましょう。

海外の風刺画で、眼鏡が日本人のシンボル的に取り扱われた
時期がありましたが、メガネ人口はかなり多いままです。「眼を
酷使する環境」 などと言いますが、実生活に於いて目を酷使
するのではなく、酷使させているという方が当たっています。

電車の中でのスマホでのメールやニュースを読む行為や、ゲー
ムに興じる行為の姿を思い浮かべてみて下さい。ますます小さ
な表示が可能になったスマホのせいで、画面との距離が近くな
っていますし、決して周辺空間の明るさが十分とは思えないとこ
ろで、しかも揺られながらの環境で、目に良い筈が有りません。

こんなことを何年も続けたら、間違いなく視力が衰えることは断
定できます。

では、どうしたら目を良くすることが出来るのでしょうか。目を使
わないなんて無粋なことは言いません。遠くを見たら近くを見る、
これの繰り返しが一つ目の対策です。
次は、パソコンのタイピング時に、ブラインドオペレーションをし
ないことです。
三つ目は、なるべく早く読もうと努力することです。
たったこれだけです。

加えて、明視環境を作りましょう。暗闇で、スタンド1つなんての
は最低です。また、仰向けでの読書や、横向きに寝ての読書も
ご法度です。何故でしょうか?答は簡単。涙が瞳に均等に供給
されないからです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック