映画の色調

子供の頃、映画館でチャンバラモノを見るのがとても嫌でした。
なんで嫌だったのかは、子供の頃は分かりませんでしたが、要
は生理的に受け付けなかったんですね。で、その原因が実は色
調にあったことに気が付いたのは、かなり年を食ってからでした。

色調と一口に言っても、なかなか他人に伝えるのは難しいもの
なのですが、要因別に整理してみると、かなりはっきりと好き嫌
いの尺度が見えてきました。結局、自分の場合は、暗い・濁り・
テカる・ざらつく・偏りが大きな要素を占めていたことが分かりま
した。

また、シーン別に見ても、火災の炎の色が赤だけでくなく油火災
のように黒いすすが多く混じっていると、もう体が受け付けません。
また、気持ちが安らぐと言われている緑色でも、暗く濁りが有りざ
らついていたら、もう我慢できなかったのです。

典型的なのは、ターザンモノでした。砂漠のシーンで、逃げる男
たちが載っている車で、離陸せんとする時に接触して墜落、損
場で火を噴くと言った常套的な場面展開では、もう定番となって
いたかのごとく、目を閉じる反応が起きています。

これだけはっきりと原因がつかめた後は、意外にもそういったシ
ーンが有っても大丈夫になってきて、あのタワーリングインフェル
ノを初めて見たときも、別に気にもせずに全編見続けていられた
のですから、人間の心理状態って不思議な性質を持っているん
ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック