microRNA早期がん発見の切り札か?

少し前ですが、テレビ各局の扱いが多かったニュースの中に、がんの
早期発見につながるmicroRNAの話題が有りましたね。非常に興味深
い内容でした。通常のRNAに関しては、生物の時間で習っていると思
いますが、microRNAについては、習った記憶がありません。

DNAを複製する際に必要な中間的存在としてのRNAは知っていますが、
microRNA となると、全く知識の外でした。
今回の報道を聞いていると、通常のリボ核酸の塩基配列よりはるかに
短い25個程度の塩基からなっているとのこと。

これなら、本当にマイクロと言えます。
で、今回の報道の白眉は、このmicroRNAを血液中から探していけば、
日本人に多い13種類のがんを、早期発見が可能になりそうだとの発表
でした。

これは、正に朗報です。
今のがん検診では、各部位ごとにピンポイントでの検診方法しか確立さ
れていませんから、5ヶ所のがん検診を受けようとしたら、その都度日を
改めて行わなければなりませんし、その都度費用が発生します。

だいたい、その都度ガンだったらどうしようと思う無為な時間を過ごさな
ければなりません。
しかし、このmicroRNAによる診断方法が確立するならば、血液検査の
みで、体への負担の面ではほぼ「0」です。
しかも、受診時間は血液を抜くだけですから、極めて短くて済みます。
それでいて、13種類のがんについて、一度に診断して貰えるのですから、
素晴らしいことだとは思いませんか!

地道な研究を続けていると、こうしたブレークスルーを経験できると言わ
れますが、もっといろいろなブレークスルーが起きて欲しいと願わずには
いられません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック