複合渦流調速燃焼方式

複合渦流調速燃焼方式って、なんて小難しい言葉なんでしょうね。でも
これの英語名の短縮形を聞けば、「ナァ~ンダ」もんです。
CVCC,これがその名称です。
(Wikipediaには、複合渦流調整燃焼方式と表示されていますが、これは
間違いです。)

そうです、あのホンダが低公害エンジンをして開発したCVCCのことな
んです。ガソリンエンジンは、理想の空燃比15が巷間伝えられていま
すが、そのままでは、公害に対してはあまりに無力です。

ガソリンを濃くするか、薄くするかは、常に設計者を悩ませてきた問題
でしたが、副燃焼室を設けて濃いガソリンに安定して着火させ、その炎
を主燃焼室の薄いガソリンに着火させる方式です。
きっと、このブレークスルーを得るためには、大変な数の試行錯誤が有
ったと思います。

ホンダはその後、VTECなる名称でも、印象付けることに成功していま
す。ネーミングのレベルは、かなりのものですね。

何しろ米国のマスキー議員が提出した自動車の排気ガスに対する規制
法案は、非常に厳しいものだったのですが、その規制値を最初にクリア
したのが、CVCCだったのです。
しかも、当時の燃費レベルを大幅に下回る省エネ型であったことから、
四輪自動車には最後発のホンダが、他メーカーと肩を並べる起爆剤とし
て絶好のツールとなりました。

そしてこのエンジンを搭載したCIVICは、主流であった3ボックスではなく、
2ボックス形態で、異彩を放ちました。

この頃から、ホンダの自動車は、1500cc位までのデザインはかなり良か
ったんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック