シクラメン

昨年の12月に購入したシクラメン。ちょっといつもより奮発して、かな
り高い鉢植えを選びました。そして、これが、大正解。花芽が多いのは
分かっていましたが、最初に見えていた花芽が咲いて、次の花芽も咲
いて、次々と咲き続けるのです。

今まで、毎年のようにシクラメンは年越しの定番として、玄関用に購入
してきましたが、こんなにも次々と花芽を芽吹かせた鉢に出会ったこと
は有りませんでしたので、多少高かったとしても十分におつりがくると
思わせてくれる咲きっぷりです。

更に驚いたことには、普通のお宅ではシクラメンは毎年買いこそすれ、
たいがいは夏を越えられずに枯らしてしまう事が多いようです。
我が家も同じようなものでしたが、ここ数年、初夏を感じたころから、
水遣りを制限して、ついには水を与えないようにして夏を越させ、秋が
深まってきたなと思う頃に、水をたっぷりと上げると、シクラメンの持っ
ている栄養の度合いで、それなりの花芽を出し、咲かせることに成功
してきました。

しかし、昨年末のシクラメンはあまりに勢いが良かったので、庭に地植
えしたところ、夏の暑さもなんのそのと乗り切り、いや夏の間も力強く葉
を伸ばしつつ、勢力を拡大してきていました。

一つには、家で飼っている亀の水槽の水を毎日庭に捨てるのですが、
この水が丁度シクラメンの当りの地面に浸透するのです。
しかも、亀の体から出たものが混ざっているので、天然の肥料のようなも
のです。之をどうも栄養として吸収しているらしく、今まさに、がっしりとした
堂々たる花芽の束が、株の中心から伸びてきています。

咲き出したら、圧巻でしょうと予想できる勢いの凄さです。
やはり、高いなりの価値があるという、当たり前のお話ではあるのですが、
その生命力の違いを見るにつけ、個体差をウンヌンンする前に、地力を持っ
た鉢かどうかを吟味することの重要さを、思い知らされた出来事です。

さあ、冬の間、庭が楽しみですよ~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック