台風の発生数

今日現在の台風発生数は、28個を数えています。なんか例年より、
発生数が多いなと思ったので、気象庁のデータベースをのぞいてみた
ら、例年の平均発生数は26個となっていましたので、もう平均を上回
っていることになります。

台風は、季節に応じたように、発生場所が移って行きます。
最初は、南シナ海中心だったのが、季節が進むとフィリピンの東が発
生の中心地域になって行きます。
これは、あくまで傾向ですから、鵜呑みにはできませんが…。

月毎の発生個数を見ていくと、2012年以前の62年分の平均では、
以下のようになっています。
1月~4月:1~1.2個
5月:1.6個、 6月:2.2個、 7月:3.8個、 8月:5.6個
9月:4.9個、10月:3.8個、11月:2.5個、12月:1.6個
年平均:26.1個となっています。

さて、それでは年間での最大発生年はいつだったのでしょうか。
そして、何個だったのでしょう。
それは、1967年で39個も発生したのです。
この年は、7~9月に集中して発生しています。

また、年間での発生数が20個未満の年は、過去62年間でたった3回
反対に、31個以上の年は12回を数えます。
どうも今のペースで行くと、年間31個以上の口でしょうね。

データベースをアクセスしてみると、ちょっとした集計だけで、これだけの
情報がつかめるのです。
興味を持たれた方は、あちらこちらのデータベースをあさる前に、国家や
自治体の運営する組織がまとめたデータベースを分析してみるのが面
白いのではないかと思いますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック