構内アナウンス音量

鉄道のターミナル駅は、いつも人人人でごった返しています。その中で
情報を伝達しようとすると、勢い大音量での放送となりがちです。ところ
が、比較的静かな場所でも、音量を最大にして、歪だらけのアナウンス
を平気で流している駅が有ります。

小田急線新松田駅では、エレベータの自動音声、町田駅では、エスカレ
ータの自動音声がそれです。
小田急は、いろいろな企業努力をしている半面、結構細かいところに目
が行き届いていない部分が目につきますが、この自動音声の音量設定
などは、その典型だと思います。

新松田駅のエレベータの場合、かなり静かな駅ですから、その音は相当
広い範囲に聞こえます。
まして、人が少ないですから、その音は反響します。
耳の遠い方のために音を最大にしているとの反論が聞こえそうですが、そ
うではなく、再生装置の限度いっぱいの音量のために、音が歪んでとても
聞きづらいのです。

町田駅のエスカレーターの場合も、状況は全く一緒ですが、町田駅はかな
り利用客が多いですから、うるささが倍増します。
そのため、明瞭度がぐんと落ちています。

毎日通っている人は、駅にクレームをつけないのでしょうか。
あるいは、通り過ぎるだけの駅のあるポイントの改善点など、どうでもよいの
かも知れません。

ただ、健常人は良いんですが、明瞭度が低いことは、耳に障害を持つ人にと
っては、とても重要な情報が、一つ抜け落ちてしまうのですから、大変です。
ここら辺に気を配った整備を、小田急がやってくれると、評価がアップすると思
うのですがね~…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック