嵐JET三代目

日本航空が再建を始めたときの一つの大きなキャンペーンとして、
嵐JETを企画しました。旅客機の後部胴体側面に、大きな彼らの
顔が描かれました。2010年に始まったこの企画も、今年で三年
目を迎えました。

今回は、前部胴体にも「ARASHI JET」と書き加えられたのが、
昨年までと異なる点です。
使用機材は、ボーイング777-200なので、かなり巨大な「嵐」
になっています。機体番号は、JA8979です。

就航期間が限定されていて、来年の3月までとのことですから、
ファンのかたはお早目のご利用をお勧めします。
この機体は、3クラスが有り、ファーストクラス 14席、クラスJ 82席、
普通席 279席の計375席あり、羽田を拠点に札幌・福岡などを往復
する路線に投入されますが、日によって路線が異なりますので、ご
利用には必ず事前チェックを…。

なんて、当たり前のことを書く必要はありませんよね。
嵐ファンなら、それはもう詳しいでしょう。

一般の人が搭乗したら、全然気が付かないことも有るこの手のデカ
ール貼りによるイベント。でも、これをペンキで描くとなったら大変な
作業になるのです。
使用するペンキの量だけで、トン単位になるんです。

つまり、それだけ機体が重くなるのですね。
以前の主力国内用機種として、DC-10が有りましたが、この機体
は全体を塗装するのに、10トンものペンキが必要でした。
実際には、機体に付着する量は2トン以内とも言われており、残りは
全部無駄に地面に落ちてしまいます。

そんな下知識を仕入れてから、改めて嵐JETを見直してみると、大き
いものに大きな模様を描くことの大変さが分かってきます。
ところで、あなたはこのメンバーの書かれた順番をどう思いますか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック