山田孝男伝説 その14

さて、SMCの講座の一日目は、受講生のリラックスが一番の目標
となりますの。受講生は、皆、何らかの悩みを持っていて、それを解
消するために参加しているのですから、能天気に超能力の開発が目
的であった私とは、真剣さの度合いが違います。

それだけ、切実で、強いストレスに晒されてもいるわけです。
となれば、リラックス状態への移行は、時間がかかります。他方、私
のように、目的が別ですと、積極的にリラックスしてしまおうとする心の
働きがとても強いために、誘導の効果音と山田氏の誘導の文言が流
れ始めると、たちどころに深い眠りに陥りました。

いや、深い眠りではないのです。体は猛烈にぐたっとしているのに、
妙に意識が覚醒している感じでした。
そして、何処からか激しいいびきが聞こえてきました。やっぱり、みんな
疲れているんだろうなあと思っていたら、なんと誰かかが私の方を叩くの
です。「えっ、いびきの主は、ひょっとして…。」

そうなんです。高いびきをかいていたのは、私だったんです。
開始して、ほんの数分のことでした。そのセッションが終わった後の、アフ
ターケア的な説明が始まりました。
「今のいびきの方だけでなく、皆さん、一様に、今、ストレスが発散されつ
つあります。休憩をこれから取りますが、あまり興奮することなくお休みを
取って下さい。」

このひと言こそが、山田氏の真髄です。少しの気配りではありますが、最
初のセッションは、皆、期待感でいっぱいです。
まして、いきなりいびきが出るほどリラックスした者が出てきたことで、受講
生のテンションがかなり上がっている筈です。
それを見越して、ゆっくりと休むように指示を出すことは、出来るようで意外と
忘れがちな事なのです。

素人がこのような場面に遭遇すると、自分の誘導で受講生が一定のゾーン
に引っ張りいれることが出来た喜びで、講師の沈着さを失ってしまいがちで
す。この冷静さをさりげなく見せるところが、他の講師とは一線を画す部分で
す。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック