YouTubeが嫌いな理由

映像ネタを探すなら、YouTubeとこの世界の定番になっていますが、
私は嫌いなんです。なぜか?答は簡単、粗い画像・コマ落し画像・
ピークが歪む音質・音量がバラバラなど、情報としての価値は認め
ても、決してそれ以上の存在ではありません。

自由投稿サイトの宿命と言い切っては身もフタもありませんが、や
はり或る一定の水準以上の作品しか採用しないといった足切りの
発想を導入して頂きたいとおもうのです。

さもなければ、高品質・高音質の作品だけが登録可能な「アドバン
スクラス」を設置してほしいと思います。折角の題材が、玉石混交
のカオスの中に埋もれてしまうのは、かえって損失だとは思いませ
んか。

旬ネタとか事件性の高いネタは、それ用の入り口から入ってもらえ
ばよいでしょうし、工夫の余地はいくらでもあると思います。
ハイレゾルーションYouTubeを、だれか作って下さい。

例の海上保安庁の船にぶつけてきた中国の船の映像は、かなり質
的には良かったのでしょう。その証拠に、ミラーサイトでのダビング
や編集を経たものでも、それなりの鮮度を感じられましたから。

だからこそ、中国の臆面ない馬鹿な行動と、それに続く中国女性報
道官の呆れた会見が、目立つものになったのだと思います。
それにしても、日本は国際社会に対してのアピールが極端に不足し
ていますね。

メディアをもっと上手に使わないと!
その面で、あの船をぶつけてきているの映像をYouTubeに投稿した
自衛官は、もっと賞賛されこそすれ、決してなじられていけないと思
います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック