山田孝男伝説 その8

普通、超能力と呼ばれる能力は、憧れと羨望の両面で見られる
性質を持っています。しかも、現象を確認したがる輩は、失敗す
れば大々的に批判を展開しようと手ぐすね引いて待っています。
そんな、罠に落ちないよう、山田氏は行動にとても慎重でした。

彼の開催する瞑想講座は毎回絶大なる人気を博していましたが、
どんなにシンパが出来ても、弟子は取らず常人の域を超えた能力
を殊更にひけらかすことは、敢えて控えていました。

そうはいっても、やはり能力を持っているものは、自然に力を解放
してしまうことが有り、それが漏れ伝わると、場合によっては針小
棒大に伝わることがしばしば起きました。

私の場合は、本当に偶然でしたが、『気』を自在に操って、腰から
下の治療を行う姿を、直に目撃したことが有ります。
新宿の某有名予備校近くのあるアパートの一室。
物書きの奥さんがうつ伏せになっています。
山田氏は、足の方に体を置き、中腰になって施術を開始しました。

その女性は、うつ伏せでしかも氏は声を発せずに施術しています
から、どんなことをされているか目視不可能です。
氏の手が、フッフッフッと体の線に沿って頭の方に動くと、女性の
足は糸で引っ張られるように上がっていき、なおも氏の手に合
わせて、足をばたつかせる行動を激しく取り続けているのです。

言うまでもなく、気を操っているのです。
その鮮やかさは、とても自然な動きでありながら、圧倒的に抑制
の利いた心的状況を写す顔と相まって、強い印象が有りました。

現場に居合わせた人たちは、「先生はやっぱり超能力を使えるん
だ。」と、思ったことでしょう。
そんな力を持っていながら、その力で儲けようと思わないところが、
常人には当てはまらない行動でしょう。

あの時、力を教えて貰いたかったと言うのが、ウソ偽りのない心境
です。もう少し、長生きしていただきたかったですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 山田孝男伝説 その12

    Excerpt: 山田孝男氏の講座に共通するもの、それは、話術ですと以前のブログ にも書きましたが、特別な話術でないことも、やはり、以前に書きました。 では、何が違うのでしょうか。それは、声の調子によるところが大き.. Weblog: つづれ折りの坂道から racked: 2012-06-10 01:25