宝くじのCMって・・・

最近、宝くじのコマーシャルが増えているような気がしませんか。

ユースケサンタマリアのスクラッチ・香取慎吾のロト6・西田敏行の
ジャンボなど、コマーシャルを見ない日は有りません。
しかも、その本数が半端な数ではありません。

あれだけの本数を流すのに、いったいどれだけの費用をかけている
のでしょうか。もちろん、これらの出演タレントや制作会社への費用
も併せ考えると、相当巨額になります。

そこで思うんですが、この費用3割くらいを賞金還元の原資に充当し
て、もっと高額な賞金や当たり本数を増加したら、その方が購入への
強力な動機付けになるのではないかと。

TOTO BIGが6億で、購入意欲の強力な起爆剤になったことは、
皆さんよく知るところでよね。あれだけ低迷していたTOTOが、一気に
息を吹き返したのですから。

夢を買うため宝くじの収益金を、一部のタレントにあんなに支払う必要
は有りません。彼らに支払うつもりで、宝くじを購入する人などいるわけ
もないのですから。

庶民目線のコマーシャルであってほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック