つづれ折りの坂道から

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽巨大フレア

<<   作成日時 : 2017/09/09 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

太陽の活動は現在、11年周期で来る縮小期にありますが、9月6日に超が付く巨大フレアが噴出したと、アメリカの海洋大気庁(NOAA)が発表しました。少し前に書いたEMPの記事に関連しますが、フレアが噴出すると磁気嵐は起き、これが地球に深刻な影響を引き起こすことが有ります。

フレアが発生すると、その成分(コロナ質量)が宇宙空間をマッハ3弱程度の移動速度で、地球に向かってく場合が有り、それが磁気嵐を引き起こして、体験に電気的な擾乱を引き起こすのです。

磁気嵐は、以下の5段階に分類されます。

G5 (極端に大きな) → 送電網などの損傷、人工衛星の障害、通信障害
G4 (猛烈に大きな) → 送電網の誤動作の可能性、通信障害の可能性
G3 (大きな) →  送電網の誤動作の可能性、通信障害の可能性
G2 (やや大きな) → 高緯度地域でのみ送電網や電波障害の可能性
G1 (小さな) → 小さな影響

今回は当初 G3 と予想されていましたが、 G4 になる可能性もあるとのことです。

実際、カナダ・ケベック州では、1989年に磁気嵐に見舞われた結果、送電網が90秒にわたって遮断される事態が引き起こされ、その結果、2度に渡る大停電が起きたことが有ります。

超高空で水爆のような高エネルギー体を爆発させたときに発生するEMP(電磁パルス)による通信途絶やPCをはじめとする電子機器が壊滅するのに近い状況が、太陽によって引き起こされたのです。
この時は、大出力の短波放送が、スパッと遮断されたと記録に残っています。

もし、今回の磁気嵐が日本に影響を及ぼすとすれば、9月8日の夕刻から9日の午前中との見方が有力なんだそうです。あなたのスマホは、大丈夫でしょうかね。

ちなみにフレアの強さは、以下の4段階に分けられます。

・X クラス
・M クラス
・C クラス
・B クラス Xクラスが、一番強くそれぞれ10段階が設定されています。
今回観測されたフレアは、X9.3とのことで、ほぼ最強クラスと言って良いでしょう。

こんな自然現象が起きると、人間の脅し合いなんて、小さいことと思えてしまいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
太陽巨大フレア つづれ折りの坂道から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる