テーマ:富士花鳥園

富士花鳥園2018夏

富士花鳥園の試練の6月が終わり、クラウドファンディングは目標をクリアーしました。 クラウドファンディングについては、以下の記事を参照 http://15313573.at.webry.info/201804/article_18.html http://15313573.at.webry.info/201806/article_2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士花鳥園のクラウドファンディング目標達成

富士花鳥園のクラウドファンディング、目標13,000,000円に到達しました。 富士花鳥園の皆さん、達成おめでとうございます。 わずかな金額でも支援させてもらっていたので、達成の瞬間は本当にうれしかったですね。 4月30日からの支援の状況を、ずっとウオッチしていました。 本当に達成できるのかハラハラドキドキしていましたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士花鳥園のクラウドファンディング ラストスパート

http://15313573.at.webry.info/201804/article_18.html この記事で、富士花鳥園の魅力を伝えると同時に、雪害で痛んだ施設を復旧させ、さらに利便性の向上を狙う工事のために必要な資金を集める手法として、クラウドファンディング を採用したことをお知らせしましたが、国内最大のクラウドファンディン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タレントの力

芸能界で言うタレントとは、非常に狭い範囲のテレビ・ラジオなどで生計を立てている(立てようとしている)人達を指す事になっていますが、一般に言うタレントとは「才能のある人」の事なんですね。 世間で使われているタレントには、二つの意味がある事を承知したうえで、このブログ記事を書いています。 それは、募金などの活動において、タレントが一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士花鳥園のクラウドファンディング

クラウドファンディングってご存知でしょうか。 名前は聞いた事がある人でも、当事者でないとどんな仕組みかは良く分かりませんよね。 簡単に言ってしまえば、ネット上で資金を集める仕組みの一つです。 クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、人々の集まり(Crowd)と 資金集め(Funding)という 言葉を組み合わせた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士花鳥園

朝霧高原にある富士花鳥園は、大輪ペゴニアとふくろうで最近とみに知名度が上がってきました。 今日は、カメラを新調したので、初デビューの場として最適と思い訪れてみました。 ふくろうはじめタカやハヤブサが、屋外でしかも観客の頭上スレスレを飛ぶショーを演じてくれますから、ダイナミックな鳥たちの姿を間近に見られます。 まずは、その姿をご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士花鳥園で傑作写真を!

まずは写真をご覧ください。 羽ばたき音が、耳元をかすめるほどの至近距離 ふくろうの典型的な羽根の動き 野スリ の名前の由来となった地面すれすれの飛翔 と、こんな写真が、撮影できる場所は、富士・朝霧高原の富士花鳥園です。 毎日、天気が良ければ、屋外でフクロウと鷹の飛行ショーを開催しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士花鳥園2015 クリンソウ

今年もクリンソウの季節です。それも、富士花鳥園のクリンソウ です。毎年訪れていますが、4月の時は、お手入れをするスタッ フの陰で、小さく葉っぱをのぞかせているだけだったのですが 、昨日は、一面のクリンソウ。ここ数年でもおそらく最上の部類 の咲きっぷりです。 昨年と違うのは、色によって花期が異なっているようなのです が、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士花鳥園2015

さくら前線は、もう東北に届いていますが、標高の高い所では、 まだまだ蕾です。それも、硬いままです。場所は朝霧高原・富士 花鳥園。河口湖から朝霧高原に向けてドライブすれば、標高は ゆっくりと上がっていきます。道沿いの木々の葉は、最初は新緑 の眩しいほどの若草色に近い浅い色ですが、高度が上がるに つれて若葉は幼葉にと変わり、これか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過

来るぞ来るぞ凄いぞ凄いぞと言っていた台風19号は、今朝未明の突 風を置土産に去って行きました。その代わりに訪れたのは、本当に見 事な台風一過の晴天です。正に『真っ青』な空は、いつ見ても気持ちが 晴ればれしますね。 そんな好天ならばと、ドライブに…。 元々今日はお休みを予定してありましたから、「ラッキー」 軽いノリで、出か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷹とふくろうの競演

富士山麓朝霧高原にある「富士花鳥園」には、年に数回通っています。 何で、そんなに通うのか?それは、大輪ぺゴニアや美しい小鳥たちに 会えるからです。そして、最大のイベントが、飼育されている鷹やふくろ うによる飛行ショーが、毎日行われているからなんです。 まずは、そのダイナミックな飛行シーンをご覧ください。 ハリスホーク …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリンソウ見頃-富士花鳥園

ふくろうと大輪ぺゴニアで有名な富士花鳥園には、もう1つ季節限定の 見ものが有ります。それが、クリンソウ。名前の由来は、花茎に環状に 多くの花が咲くことに由来しています。 ほとんどが環状に花が三段、咲いています。 今年の見事な咲きっぷりは、下の写真で見ての通りです。 今年は、2月の2度にわたる大雪のため、大温室や花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリン草

クリン草をご存知でしょうか。一見すると、サクラソウの背の高い種類の ように思えるほど、花弁の形は似ています。サクラソウが地面に這うよ うに生えているのとは対照的に、かなり背が高くなります。 先ずは、写真をご覧ください。 そして、色もバリエーション豊かです。 この写真は、朝霧高原の富士花鳥園の中で撮影した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクロウ-魅せる工夫

震災以後、観光地は閑古-鳥が鳴くさびしい状況になり、経営的にも 厳しいことが、報道各紙の紙面を読むまでもなく、容易に察せられま す。しかし、手をこまねいていては、状況の改善につながりません。 「何とかせねば」を、、実際に「何とかしようとしている」実例を上げまし ょう。 朝霧高原道の駅至近の「富士花鳥園」では、ぺゴニア・フク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極のスティルス - 森の狩人

この表題だけで、何の話かお判りでしょうか。そう、梟のお話です。 えっ、この『梟』と言う字が読めないですって?これは、失礼しまし た。Windowsの日本語入力のバーにある、IMEパッドで書いてみ て下さい。 本題です。人類は、自由に空を飛びたいという夢を、1903年つい に実現しました。ライト兄弟のみならず、ロシアやフラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自粛」を自粛しよう!

震災を受け、観光地が悲鳴を上げています。小田急のロマンスカーが 運休してすでに一か月、箱根の町は灯が消えたようになっています。 そして、ガソリンの不足騒動で、遠出を控えているためか、ドライブを 楽しむ人の数も激減しています。・・・・・でも、もう一つ、『自粛』のイメ ージにとらわれて、消費を抑えることこそがいまは大切とする風潮が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more