テーマ:文献

東京ドーム

東京ドームが建設されたとき、屋根の構造が空気膜を主体にしてできていると聞かされて、だれしも風船を思い浮かべたと思います。 次に思い浮かぶのは、一回空気を入れたら、どのくらい膨らんだママにしておけるんだろう?でした。 答は、簡単。 「いつも送風機でドーム内の空気圧を周りより少し高く保っておく」でした。 だから、球場から外に出る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more