テーマ:羽生結弦

フィギュア高橋大輔

一度は引退を表明したフィギュア・高橋大輔が、復活しました。 そして、全日本フィギュアでは、見事3アクセルを決めて、2位に入ったとの報道が有りました。 さらに、その後のニュースで世界選手権出場を辞退したとの報が流れました。 これはいったい何を意味するのでしょうか。 一位になった宇野昌磨は別として、彼と羽生結弦に続く選手が出てき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦 国民栄誉賞

羽生結弦がまたまた大きな賞を受賞。 若干、23歳で国民栄誉賞は、驚異的ですね。 彼は、コメントを求められた時の返答が、並みのスポーツ選手とは異なって、自分の意見をしっかりと分かりやすい言葉で伝える事ができる能力を持っています。 今回の授賞のインタビューを聞いていても、あれだけの内容をほぼ淀みなく話しきって、かつ、繰り返しが無く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦のピョンチャン

羽生結弦にとって、オリンピックは特別な物であることは間違いありませんが、しかし勝負という面で見れば彼は他選手と異なっています。他人に勝つという意識は結構希薄です。淡白と言っても良いくらいです。 むしろ、自分がどこまで出来るかと追い込む性質ですね。 それが昂じて、昨年靱帯損傷という怪我を負ってしまいました。 体に力が入って、ジャンプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦 三つの顔

羽生結弦が、フィギュアスケート世界選手権で優勝、しかも5位からの逆転優勝でしたから、CX系のはしゃぎようは半端ではなかったですね。 選手の顔というのは、演技中と演技終了後と素顔といろいろな表情を出してくるものですが、羽生結弦ほどその落差の大きい選手もいませんね。 まず、演技中ですが、考えられたストーリーの主人公になりきった顔に終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦

羽生結弦は、フィギュアスケートのグランプリファイナル最終日 の男子フリー、まさにパーフェクトと言っていい演技で219・48 点を叩きだしましたね。NHK杯で出した216・07点の世界歴代 最高を再び塗り替え、史上初の3連覇を達成。同じく歴代最高を 更新していたショートプログラム(SP)の114.36点と合わせて も330・43…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

朝イチ 羽生結弦

NHKの朝ドラの後を受けて始まる「朝イチ」は、今日ちょっとし た騒ぎとなりました。フィギュアスケートの羽生結弦が生出演 するというので、番組宛に寄せられたFAXが、番組開始時にす での6800通というとんでもない枚数に達したのです。 人気があるのは分かっていたでしょうが、ここまで凄いことにな るとは予想していなかったでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦・完全復活

NHK杯での激突の悪夢は全て退散した!そんな感じを受けた 今日のグランプリファイナルでしたね。4回転サルコーが決まっ て波に乗ったとインタビューでは冒頭の演技を振り返っていまし たが、さらなる工夫が有ったのです。 テレ朝の報道ステーションで、松岡修三との対談の際に、工夫 の話が出されました。 本番前の公式練習で、ガンガン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦 激突報道

羽生結弦選手の激突報道は、衝撃的であり、その後のフリー滑走競技 出場についての賛否も、喧しいものがありましたね。個人的には、出場 して欲しくなかったですね。あの時点で、医療チームが万全の手当てを できていないことは明白ですし、一番心配な脳への影響を判断するすべ のないまま、滑走に臨んだのは、無謀と言えます。 もっとも、当の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦-ド根性

ソチオリンピック日本初の金メダルは、やはり、男子フィギュアスケー トの羽生結弦でした。見事なショートの演技に続くフリーは、二回ほど 乱れたものの、後半盛り返し、しかも、いつもよりきつかったようです が、いつもの演技終了後の立ち上がれない姿は短く、きっちりと雄々 しい姿勢を見せたのは、立派でしたね。 もとより、日本男子の力で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦ぶっちぎり

いま、羽生結弦は伸び盛りの真っ最中、毎回高得点を叩き出すその 精神力は、今年の浅田真央に通じるところがあります。誰がライバル ということを決して口に出しません。しかも、金メダル云々と誘い水を 架けられても、自分にとってベストな演技をすることの回答に終始して います。 きっと、今までの選手たちとはメンタリティーが異なるのでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦の爆発的演技

「マリンメッセ福岡・フィギュアスケートのグランプリファイナル。男子の ショートプログラムで羽生結弦、世界最高得点99.84点で首位。」明 日のスポーツ新聞の一面トップは、この文字で埋め尽くされるでしょう。 テレビで見ていてさえ興奮させられた羽生の演技は、正に若さが前面 に押し出された圧巻の演技でした。 早い・高い・華麗+若さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

競技選手の寿命

軽々と四回転ジャンプをこなす羽生結弦を見ていると、正に怖いもの 知らずと思いきや、トリプルルッツがすっぽ抜けてシングルになって しまった今日のフィギュアスケート 四大陸選手権・第1日。 上り坂の選手であっても常に盤石の演技ができるかと言えば、そん なことはありません。 しかし、毎回見ていると、不思議なもので、今がピークなの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

羽生結弦-絶好調

今夜のNHK杯フィギュアスケートをご覧になりましたか。羽生結弦が ショートプログラムで世界最高点を叩き出したのがつい先日のことでし たが、今日の演技はそれをも上回る[97.68]。二位の高橋大輔を 9点以上も引き離す華麗なるものでしたが、素人目には、幾つか極 小さなミスが有ったように感じました。 それでも、この点数です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦 会心の演技

フィギュアスケートNHK杯の男子ショート一位になった羽生結弦の 演技は、圧巻の一言でしたね。間もなく18歳になりますが、昨年 の鮮烈な印象からさらに磨きがかかって、あの浅田真央が登場した 時にも似た「輝ける躍動」を、存分に見せてくれました。 スリムな体型を保持するのが容易な10代のクライマックスに向けて 今が一番『跳べる』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やったぞ!!羽生結弦-男子フィギュア

男子フィギュアスケート世界選手権で、高橋大輔が銀メダル・羽生結弦 が銅メダルのダブル入賞を果たしました。素晴らしい結果ですね。特に 羽生はまだ17歳、演技で精根尽き果てて、喘ぐ姿がまだ体が出来上が っていないのを証明しているかのように見えますが、逆に言えば、全てを 本当に出し切った証しでもあります。 今シーズン、彗星のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more