テーマ:漫画

コミック 人物の輪郭の巧拙

この数年、漫画の世界では絵が多少稚拙ではあっても、ストーリーでヒットするパターンが増えています。 また、キャラクターとして認知されないレベルのおこちゃま風の登場人物でも、それなりに売れてしまっていますが、これはいったいどうした風潮なのでしょうか。出版社は、新人の発掘には熱心ですが、最初の作品が雑誌に載るまでは、厳しいダメ出しの嵐があっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復刻

今は、テレビのドラマを、再放送される前に、「配信しているので、見逃した方はここで見てください。」と言ったサービスが、テレビ各局で行われるようになりました。多少お金をかけてでも、見てみたいという人が、結構いるからこそ、こんなサービスが流行るんでしょうね。 翻って、活字媒体はと言えば、ベストセラーになって重版を行うことは有っても、店頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手塚治虫 のびやかに 桑田次郎

未だ褪せることのないビッグネームとしての手塚治虫 今日登場させたのには訳があります。 今巷に溢れるコミック誌をぱらぱら読みするだけで、目が飽和してしまいます。 目が飽和する? この意味がお分かりになるでしょうか。 これは、漫画の一こまの中に書かれている線の量によるのです。 漫画の前に、典型的な例を引き合いに出しましょう。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more