テーマ:ノート

e-POWER ノート爆売れの予感

第二世代と銘打ったe-POWERを搭載したノートは、発売直後から評論家諸氏のコメントが、「素晴らしい」が並んでおり、提灯記事でもこんなには褒めないだろうと思えるくらい絶賛されていますが、その結果として、発売1か月で2万台の注文が入ったそうです。 月販目標がやや低めに設定されていた8000台でしたから、それは超えてくるだろうと思っていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車のサイズ感の変遷

私の行きつけの理髪店の店主は、仕事柄余り遠出をすることが無く、かと言って車は必需品として備えるのが常識であった時代に、当時の日本の高級車の代名詞であった日産グロリアを購入していたそうです。 車の形式は一般的にはY34と呼ばれるいわゆる「セド・グロ」の最終形です。この後に車種は統合されて「フーガ」になってしまいました。西暦2000年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日産車30年ぶり

この題名だけで、皆さんはお分かりですよね。ニュースになるくらい日産車の自動車販売は低迷を続けていたのです。 どうも、エイちゃんがCMに出るようになってから、車そのものも魅力的になってきたように思えます。 セレナの自動運転は、そんなに規模の大きなものでもないのですが、コピーのうまさが売れ行きに貢献しています。 そこに加えて、「新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予想以上のe-Power

自動車雑誌がこぞって取材合戦するターゲットは、もちろん完全なる新型車、その次はフルモデルチェンジ、そして、チョットだけ記事になるマイナーチェンジ。 しかし、そんな地味であるはずのマイナーチェンジが、時として大きなニュースと成ることがあります。 今回の日産ノートのマイナーチェンジは、まさにその大きなニュースです。 いままで電気自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日産ノートが…

神奈川の日産ディーラー合同の特別車設定企画が凄いですね。 あの「ノート」がカーナビ・ドライブレコーダー・自動ブレーキ付きで、 150万円以下の価格なんです。 初代エクトレイルを15年愛用してきましたが、さすがにブッシュ類 のヘタリが大きくなってきたので、ゴツゴツ路面やタイトなカーブで は乗り心地がイマイチになってきてしまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイブリッド:見えてきたニッサンの戦略

純電気自動車では、先駆者的な日産も、ことハイブリッドとなる と、トヨタの後塵を拝しています。ハイブリッドに関しては、ホンダ にも水を開けられています。かろうじて、セレナに小さなシステム を載せて、排ガス税金優遇対象に仕立て上げるのが精一杯に 見えていました。 しかし、ようやく新しい方向性が打ち出せそうです。それが、今年 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more