テーマ:中島みゆき

中島みゆき in1976

極め付きのレアな音源が、ユーチューブにアップされていました。画面そのものは、昔のオープンテープデッキが写っているだけなんですが、再生されている中味が凄いんです。なんと、中島みゆきのデビュー直後ぐらいのFM大阪のスタジオ出演していて、その場で、生ギター一本で歌っているんです。しかも、MCとの語り合いの時に聞こえてくる中島みゆきの口調は、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき 島津亜矢

久しぶりにパンチのきいたみゆき節を歌える歌手が出てきましたね。島津亜矢、演歌歌手としては中堅どころですが、中島みゆきの楽曲をこれだけ歌いこなす歌手は研ナオコ以来ですね。オリジナルの歌唱に臆することなく、自分流の解釈でぐいぐい押してくるその唱法は、演歌歌手の実力を持っているからこそですが、旋律に必死に対抗しているような歌唱と聞こえなくもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき「糸」映画化

中島みゆきの「糸」といえば、TBS系テレビドラマ『聖者の行進』の主題歌に起用された楽曲です。1998年の発表ですから、もう20年以上も前のことになりますが、実に様々な場面で使われている曲です。 テレビの一場面の裏で流される機会が多いようですが、結婚式の披露宴で流されることが圧倒的に多くなっています。 この曲をモチーフにした映画「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリジナルvs新解釈

歌唱法の変化を好ましいと思うか、いや昔の方が良かったとか、人の好みはバラバラですが、私は今まで他人がカバーした曲を聞いても、本人のオリジナルに勝る歌唱を良いと感じた例は極めて少ないですね。前の作品を超えたいとするアーティストを自認する人たちには、高い志を見て取ることが出来ます。しかし、必ずしも新しい解釈に基づく演奏が、オリジナルを超える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カバー曲を歌う時の注意点

カバー曲は原曲あってこその存在ではありますが、カバー曲の種類が増えることは、原曲の価値をさらに輝かせることに貢献しています。 ソプラノグループ「リベラ」の透明感あふれるコーラスで、再び注目を浴びている中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」 同じ中島みゆきの「糸」は、次々にカバー化されているカバー曲の人気曲です。 さて、ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘッドライト・テールライト

2000年にリリースされた中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」が今、再び、注目されています。 TBS系日曜劇場「下町ロケット」の挿入歌として、実に効果的に使われています。 広大な稲作風景を映し出し、夕焼けの荘厳なる輝きを意識したワイドな画面構成の中、この曲が静かに流されます。 ストリングスの編曲がドラマチックに構成されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研ナオコ「私、歌がうまい」発言

7月20日にアップした以下の記事に、小ネタを足します。 https://15313573.at.webry.info/201807/article_20.html 「中島みゆき カバーバージョンはオリジナルを超えられるか 」 この中で、「おそらく、後にも先にも、歌唱で一時的にでも中島みゆきを越した経験を持つのは、研ナオコしか記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき カバーバージョンはオリジナルを超えられるか

長い題名で申し訳ありません。大ヒットした曲を別の歌手が取り上げて、自分のアルバムに収録することはよくあります。さらに、すべてカバーバージョンでアルバムをリリースする歌手もいます。 徳永英明はその筆頭ですね。 逆に、歌手が別の歌手に依頼されて作った作品も、たくさんあります。 今回のお題は、作詞作曲歌唱を手掛けるシンガーソングライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆきのHQCD

音楽を伝える媒体としてのレコード盤は、アナログ情報を記録し再生するというモデルの代表でした。 そこにデジタル化の波が押し寄せ、あっという間にCD全盛へと時代が急速に移り変わりました。 CDはデジタルだから音が良い、と誰しもが思いこんでいた時期がありました。 しかし、細かく見ていくと、初期のCDは、アナログのマスターテープを、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みゆきファン

バリバリの中島みゆきファンであった私ですが、気が付けば最近のアルバムを購入していませんでした。 気が付けばって変な表現ですが、実際、ずっと家にいれば彼女の楽曲を聞き続けていた自分なのに、なぜ? 人間、追いつめられると、誰しも余裕が無くなりますが、精神的、金銭的、いろいろなストレスが世の中には蔓延っています。その狭間で、いつも中島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき カメオ出演

倉本聰が手掛ける昼ドラとして、高視聴率を上げ続けているテレビ朝日系「やすらぎの郷」に、主題歌「慕情」を歌っている中島みゆき自身がさらっと登場して、ちょっとした話題になったことは、みゆきファンならご存知でしょう。 6月29日、7月7日、8月23日と、もう3回も出ています。 さて、このように、有名人がさらっと出演することを指して、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき  徒や疎か

徒や疎か これで、「あだやおろそか」と読みます。 なにそれって、疑問符だらけの高校生・大学生・社会人の方々の顔が目に浮かびます。 テレビ朝日お昼のワイドスクランブルの編成がこの4月から変わります。 超長寿番組「徹子の部屋」の後に、倉本聰脚本の昼ドラが始まりますが、その主題歌作りを倉本聰が中島みゆきに依頼したのです。 言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅白歌合戦

NHK紅白歌合戦、視聴率が下がった上がっただけでニュースになるほどの大晦日の恒例行事と言ってよいほどの番組ですが、歴史が長くなってくるとそれなりの浮き沈みが気になるものです。 毎回80%前後の視聴率を誇っていた初期から、第36回までは60%台を堅持していました。 その翌年から昨年までの30回は、60%を超えることは有りませんでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボブ・ディラン ノーベル文学賞

ノーベル賞委員会は、大変な決断をしたものですね。ボブ・ディランと言えばフォークソン・シンガーソングライター。この二つの言葉はこの人物を起源とすることに対しては、異論はないと思います。 ただ、日本ではもうすでに過去の人の範疇に分類されてしまっているキライがあることは、否めない事実です。 実際のところ、実年齢で行けば、50歳台で辛う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮下文一

宮下文一という歌手をご存知でしょうか。ウルトラマンダイナの主題歌「ミラクルの風になれ」を歌っていたんですが、それだけでは皆さんの記憶には残りづらいでしょうね。では、もう一つ、中島みゆきのあの「夜会」のステージ下でコーラスをしていた人というと、少し「あぁ」と思い出した人もいるでしょう。 そして、なんといっても中島みゆきの最近のコンサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口笛のバッキング

中島みゆきがデビューして2作目のアルバム、「みんな去ってしまった」の最後に収められている『忘れられるものならば』という曲があります。この曲はちょっと変わった面を持っています。それは、演奏に口笛が入っていることです。 口笛はその音量もさることながら、独特の世界観を持った個性の強い楽器ですから、普通の曲に普通にバッキングの一部として使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研ナオコと中島みゆき

研ナオコと言えば、個性的なルックスと、角度美人であった時代、それに、コミカルな演技が冴えわたる芝居と、芸能活動の幅の広さには定評があります。その彼女のもう一つの側面が、「中島みゆきを歌う研ナオコ」ではないでしょうか。 実際に彼女のディスコグラフィを覗いてみると、かなりいろいろな方から楽曲の提供を受けていることが分かりますが、それで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐沢寿明・窪田正孝

日本テレビ系の新土曜ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」(10月8日よる9時スタート)のエピソード0が放送されました。本割は10月8日なのに、「祭り」と銘打って3回も放送されること自体、前代未聞。 唐沢寿明はさすがにアクションの切れはイマイチですが、周りの出演陣は鋭い切れ味の若者ばかり。 暗い役が多かった窪田正孝です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき リリース情報

中島みゆきが、11月16日にCD 中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』、ライブCD 中島みゆきConcert「一会」(いちえ)2015~2016 -LIVE SELECTION -、中島みゆきConcert「一会」(いちえ)2015~2016 (Blu-ray)を一挙にリリースします。 ここのところ過去の記録的なブルーレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外のドッキリもなかなか

昨日アップした「少女がお金を恵んだらオーケストラの大演奏 のサプライズ 」は、地元銀行の企画した利用者に感謝のサプ ライズでしたが、ミハエル・シューマッハがガソリンスタンドの売 店で、蝋人形のように立っているとか、ダニエル・ラドクリフが 主演している映画の観客が、映画を見終わってインタビューさ れている場面で、本人が突然現れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人ジョーンズと中島みゆき

長ーいシリーズとなったコマーシャルは過去にもたくさんあります が、「これほど」と次々と新作を出してくるところとなると、近年で はあの「かいくん」のソフトバンクと、このサントリーのBOSSぐらい ではないでしょうか。 そして、12月11日からオンエアが開始された新BOSSのCMでは、 中島みゆきの名曲「ヘッドライト・テールラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆきも叫んだある出来事

意味深なタイトルです。御題はトイレです。最近、大きな施設で は、エスカレーターの自動運転では、人がいなければ運転を抑 制する機能が働いて、運転速度を落とすか運転を中止すると言 った省エネ化を考慮する工夫が内蔵されています。駅の公衆ト イレや大学のトイレでも、人がいなければ、照明を消していく工 夫を施して、経費抑制に努めています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラオケ新時代

カラオケと言えば、新曲を歌えると「お~、やるね~っ!」と言わ れたもんです。地味目な人がそんな歌を歌う事の意外性に、皆 が驚くという構図は、過去から連綿と繰り返されたのです、ここ に来てそんな常識が通用しなくなってきてしまいました。 カラオケで新曲を歌ったら、知っている人が少なくて、却ってシラ ケるというのが今のカラオケな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサン ついに最終回その2

マッサン、最終回もついに終わってしまいました。これで中島さん の主題歌ともお別れです。そして、最終回なので、随時「麦の唄」 が流れたかと言えば「否」、ちょっと肩透かしを食らったような印 象ですが、最近の朝ドラの最終回の傾向からすれば、極めて普 通なのかもしれない幕引きでした。 「ゲゲゲ…」でもそうでした。「花子とアン」でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサン ついに最終回

NHKの朝ドラ「マッサン」がついに3月28日で最終回を迎えま す。最後に来て、やっと盛り上がりを見せ、20%の視聴率を大 きく超え、第143回でついに25%も越えてきました。朝ドラは 4作連続で、好調な数字を残せたわけです。 第149回では、遂にエリーが天国へ旅立ってしましました。 最終回、「麦の唄」がどのように扱われるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工藤静香あるいは中島みゆき

意味深なタイトルですが、21日のNHK「SONGS」を見た方は 、「うんうん」と分かって貰えると思います。正直なところ、工藤静 香は好んで聞く歌手ではありません。声量がか細いタイプは、嫌 いなんです。だから、宇多田ヒカルなんかもダメなんです。かと言 って、ただ声量が有ればいいってもんじゃありませんが。 ただ、工藤静香に関し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続々「麦の唄」

NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」のタイトル曲「麦の唄」に ついては、多くの記事をアップしてきましたが、テレビでは使われ ていない「大サビ」については、一度触れましたが、さらにもう一 つ隠れた情報が有りました。 http://15313573.at.webry.info/201411/article_27.html ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続「麦の唄」

NHKの朝ドラ「マッサン」が後半に入りました。いよいよ北海道に 舞台が移り、余市での物語が始まります。と、ここで、皆さんにお 聞きしましょう。1月5日の回から、何か大きく変わったことに気付 かれたでしょうか。 そう、オープニングに流れる「麦の唄」が替わりました。 「エッ、麦の唄はそのまま使われているじゃない。」 いいえ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年1月1日雪

明けましておめでとうございます。なんて言ってるそばから、ここ 関東では雪がちらつき始め、いまでは木々に葉にしっかりと積も り始めています。なんと、外の気温はたったの3℃!これじゃあ、 雪も降ろうってもんですね。 昨年末に引いた風邪もほぼ完治し、恒例のNHK紅白歌合戦を見 ました。 4時間半のうち、興味があるのは当然、中島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき 紅白2回目出場

中島みゆきの紅白歌合戦二度目の出場が発表されましたね。朝ドラの 主題歌を担当しているのですから、当たり前と言えば当たり前ですが、 今、巷の話題は、どこから中継するかということでしょう。 「地上の星」の時は、あの黒部ダムの資材搬入トンネルの中からでした から、今回もアッと驚く場所からと期待しても無理からぬことですが、一 番驚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more