テーマ:中島みゆき

2015年1月1日雪

明けましておめでとうございます。なんて言ってるそばから、ここ 関東では雪がちらつき始め、いまでは木々に葉にしっかりと積も り始めています。なんと、外の気温はたったの3℃!これじゃあ、 雪も降ろうってもんですね。 昨年末に引いた風邪もほぼ完治し、恒例のNHK紅白歌合戦を見 ました。 4時間半のうち、興味があるのは当然、中島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき 紅白2回目出場

中島みゆきの紅白歌合戦二度目の出場が発表されましたね。朝ドラの 主題歌を担当しているのですから、当たり前と言えば当たり前ですが、 今、巷の話題は、どこから中継するかということでしょう。 「地上の星」の時は、あの黒部ダムの資材搬入トンネルの中からでした から、今回もアッと驚く場所からと期待しても無理からぬことですが、一 番驚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき研究その2-「麦の唄」の歌唱・編曲

「麦の唄」の歌唱・編曲について、少し気が付いたことが有りました。 重箱の隅をつつくような話かもしれませんが、こんな見方も有るんだ 思う方がいらっしゃるかもしれません。まさか、中島みゆき本人がこの ブログを見ているとは思えませんが、見ていたら[フンシャラクセェ]と 言われるかも………。 今回の真骨頂は、大サビの存在です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麦の唄  大いに盛り上がる!

NHK朝のドラマ「マッサン」主題歌「麦の唄」は、中島みゆきが担当す るというだけで、相当な盛り上がりを見せているようですが、何とカラオ ケでは、もうどんどんと歌われているんですね。正式なプロモーションで は、まだ、一番しか表に出てこないこの時期に、フルコーラスを歌って ユーチューブにアップしている数が半端じゃない! そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき 麦の唄

NHK朝のドラマ{マッサン」主題歌「麦の唄」作詞作曲歌唱中島みゆき 良いですねェ~、やっぱり中島みゆきですね。伸びやかな声が、爽や かに朝の時間帯に流れました。流石サスガの大感嘆もんです。 連ドラのオープニング曲ですから、曲の長さもそうは長くは取れません。 NHKの場合は、概ね1分か1分半です。 傾向としては、週の初めは1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき,NHK朝ドラ主題歌を歌う

ちょっと、古めのニュースで恐縮ですが、2014年9月29日から始まる NHKの朝のドラマ「マッサン」の主題歌を、中島みゆきが担当するのだ そうです。曲名は「麦の唄」 ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝夫妻をモデルにしたドラマで、 NHKから中島みゆきへのオファーは、2014年1月だったそうです。 公式サイトのショートバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化放送を丸々一日買い取ります

2014年8月23日新聞各紙の中面一面広告で、第720回TOTO BIG -賞金額10億円に当選した方限定で、文化放送を丸ごと一日好きにし て良いとする告知が成されました。(TOTO BIG 720回の販売期間は 8月23日~9月6日です) これって、もの凄く巧妙な広告だと思います。 なぜか? 10億円に当たるのはたった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曲の長さ

私が生まれ育ったころの音楽は、ラジオから流れてくる歌謡曲ばかり でした。勿論テレビでも、ベスト10番組では、歌謡曲が主体で、グル ープサウンズなどは、異端児扱いでした。そのころと今と比べると、あ まりの違いに驚きますが、一番変わったのはなんでしょうか。 歌謡曲が「演歌」に変わった? J-POPが台頭してきた? ジャニーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ももクロ・やっぱり1位

4月28日の記事で、ももクロの「泣いてもいいんだよ」は、オリコン1位 になると書きましたが、5月8~10日のオリコンデイリーで4日連続1位 でしたね。 当たり前位の感覚で予想できるのは、この組み合わせと事前のプロモ ーションで楽曲そのものも、ももクロ的な香りが強いのに、中島みゆき のDNAもしっかり感じられる作りだったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ももクロ×中島みゆき

北川景子の魅力が一杯の「悪夢ちゃん」が、今度は映画が放映されま すが、その主題歌をももいろクローバーZが歌っています。と、これだけ なら普通の感じだったのですが、何と作詞作曲が中島みゆきだと知った とき、ももクロなら分かるなあと思ったものです。 なにしろ、ももクロの体当り的チャレンジは、老若男女問わずあまねく知 れ渡る所で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美空ひばり 最後の二曲

美空ひばりは、非常に不思議な発声方法が出来る人だったんですが、 その真骨頂は「川の流れのように」愛燦燦」の二曲に見ることが出来ま す。作詞が演歌畑や歌謡畑ではない秋元康と小椋桂であったことも、 特筆すべきことでしょう。 ブルーコメッツとの競演で話題になった「真っ赤な太陽」も含めて、美空 ひばりは日本におけるクロスオーバーな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐とCM

日立のCMに嵐が起用されて、かなり時間が経ちました。最初は、日 立の硬いイメージが色濃く残っていて、やはり日立は日立とこのブログ に書かせてもらいました。しかし、いま流されているCM群は、そんな 硬さとお別れして、嵐の良さをかなり引き出しているように感じられま す。 しかし、面白いもので、比較的新しく起用した森永製菓のCM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

似てしまう事-「雨のち晴レルヤ」

謎かけのようなタイトルですが、これは過去からよく起きている現象 を指しているのです。NHKの朝ドラはここのところ好調を持続してい ます。そのタイトル曲「雨のち晴レルヤ」の最初のフレーズを聞いた 瞬間、「えっ?」 そう、それは、中島みゆきの「僕たちの将来」の冒頭と全く同じメロ ディーだったのです。 もちろんこれをもってどう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中島みゆきの月一オールナイトニッポン

何と、中島みゆきのオールナイトニッポンが復活しました。ただし、月 に一回ですが。それも、えらい時刻から始まるんです。なんと何と、 27時からの2時間です!!!! 早速、以下のようなメールを、打っておきました。 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ 「何と、5月12日は、私メの誕生日なのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆきと思考実験

ドラマチックな作品も数多い中島みゆきの作品の中に、「命の別名」が あります。この曲はかなり音域が広く、歌いこなすのはかなりな上手で も、難しい面があります。この曲には、シングルバージョンとアルバムバ ージョンがありますが、どちらが歌いやすいかと言えば、アルバムバー ジョンです。 歌詞で言えば、色の付いた部分が最低音と最高音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わかれうた vs 熱い空気

ある意味で、歌手中島みゆきのイメージを、一般にも植えつけた名曲 である「わかれうた」ではありますが、そのイメージはネガティブであり、 その後のオール・ナイト・ニッポンでの快速トークとのギャップがつねに 付きまといました。 1977年発売で、彼女の初ミリオンセラー曲ともなりましたが、このB面 の「ホームにて」が、中島みゆきの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「この10月、日テレから中島みゆき」の訂正

「この10月、日テレから中島みゆき」について 8月20日付の記事に間違いが有りました。 ぽちさんからのご指摘に有ったように、1行目の「1974年」は、「1994年」の間違いでした。ご指摘ありがとうございました。 間違いだったことを強調するために、取り消し線で1974年を残してあります。 それにしても、自分のブログっていうのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この10月、日テレから中島みゆき

あの大ヒット、「空と君のあいだに」は、19741994年の日本テレビ系「家 なき子」の主題歌でしたが、あれから3818年、この秋開始の同系列の ドラマ主題歌を、中島みゆきが担当することになりました。 過去を振り返ってみれば、彼女の作品によって、輝きを放ったドラマが 多数存在します。そして、主題歌によって人気の出たドラマによっ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

解説者の力

ニュース番組を見ていると、必ず解説者の声が聞こえてきますが、 その声の良し悪し・歯切れの良し悪しといった基本部分は同じと しても、持てる情報を如何に上手に言葉にできるかで、解説者の 評価は決まってしまいます。 NHKの「こどもニュース」で名を馳せた、池上彰氏がなぜもてはや されるのかは、その番組に触れれば、即納得するほど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士フィルムの変身は?

デジタルカメラの爆発的普及は、フィルム需要の激減に繋がりました。 銀塩フィルムの市場において、コダックとの壮絶なシェア争いをしてい たこと自体が無意味と化してしまった今、コダックは会社更生法の適用 を申請して、事実上の倒産をし、片一方の富士フィルムは、鮮やかな転 身に成功し、事業の拡大が急です。 この差は何処から来たのかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またも中島みゆき

先駆者はやはりいつまでも先駆者なのですね。なんのこと、そう、 中島みゆきの「歌旅」のDVD収録画像が、シネコンで二週間限定 で放映されるのです。いよいよ5月12日からです。 以前からテレビへの露出がかなり低いのですが、それでも長い活 動期間内には、歌番組は極端に少ないものの、なんとドラマに出た り、コマーシャルなどにも出演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんなにいらない

いきなり「そんなにいらない」って、何がいらないのでしょう。そう、テレビの チャンネルです。「見るものが無い」とテレビを消すこともあるのに、なぜか ヒットが出ると真似ばかりするこの業界は、独創性が育たない典型的な 馴れ合い所帯なのですよ。 どんな業界に限らず、その業界独特の言葉が有ります。符牒と呼ばれてい ますから、知ってる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき 糸

昨年の震災以降、中島みゆきの「糸」のリクエストがじわじわと増え、 ついにチャートインしたと思ったら、3位にまでランクインしたとのニュー スが流れました。地上の星で一世を風靡したみゆき節ですが、これま た2002年のリリースと、10年も前の曲がこのような形で取り上げら れること自体、本当に珍しいことです。 デビュー以来のみゆ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中島みゆき-荒野より②

中島みゆきのスタジオ制作アルバムは、現在38枚を数えています。 非常にコンスタントなリリース状況かと思えばさに有らず、結構苦しん でいるようです。今の環境は、決して、歌作りに大きな影響を持つよう な場所ではなく、むしろ地味な感じです。 北海道を引上げて、世田谷の閑静な住宅地に少し大きめですが、意 外に地味な家に住んでいます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき-アルバム荒野より

中島みゆきの「荒野より」と言うアルバムは、編曲者の限界を感じさせ られた作品でした。 編曲の妙と言う言葉に代表されるように、曲は編曲によっていかように も表情を変えます。テンポもそうですが、楽器編成によるところも大です。 しかし、最大のポイントは、メインのメロディを引き立てるカウンタ-部分 の旋律と、楽器構成でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆきと山崎ハコ

中島みゆきはいまだ現役バリバリですが、山崎ハコとなると知っている 人は相当なマニアか音楽関係者か、いや、音楽関係者でも知らない人 もたくさんいるでしょう。でも、この二人の共通点は、ミュージシャンであ ることの他に。もう一つ結構メジャーな共通点が有ったのです。 それは、ニッポン放送の深夜DJ番組・オール・ナイト・ニッポン。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき「荒野より」の歌唱

10月6日のブログに、中島みゆきの新曲「荒野より」の歌唱は、 彼女の持つ様々な歌唱法のうちのどれになるのかを予想させて もらいました。結論は、やや可愛く始まりラストで呻る寸前の発声 を混ぜるというものでしたね。 小林克也曰く、「このパーンとした発声が、流石。」と、NACK5の 名物番組であるファンキーフライデーで言ったそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき 躍動の新アルバム

TBS開局60周年記念ドラマ「南極大陸」の主題歌が中島みゆきと 聞いて、さすがやるもんだと思った人が多かったせいか、このブログ でも訪問者が増えましたが、今度、何とテレビ東京の正月恒例新春 ワイド時代劇『忠臣蔵~その義その愛~』(来年1月2日放送)の主 題歌に決定したとのニュースが配信されました。 11月16日に発売される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆき-荒野より

10月16日から始まる木村拓哉主演のTBS「南極物語」の主題歌が 中島みゆきのシングル「荒野より」になったそうです。話のスケールが どんなものかは想像の域を出ませんが、TBS開局60周年の記念特別 番組ですから、かなり力が入っていると思います。 こういった番組だと、必然的に印象的でスケール感のある楽曲と歌唱が 期待されます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆきのコマーシャル-シリーズ化

シリーズ化されているコマーシャルと言えば、ソフトバンクのカイ君が 断トツの長さを誇っていますが、その次に来ているのが、あの松田聖 子+中島みゆきの富士フィルムのアスタリフトでしょう。 ソフトバンクの方は、どんどんいろいろとリリースされて、シリーズの前 後が後先になって放映されたりしていますが、富士フィルムの方は、 一作ずつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more