テーマ:ターボファン

寿命-2

前回の「寿命」では、世界初のジェット旅客機を取り上げました。 初の栄誉を手にしたデ・ハビランド航空機社のコメットではありましたが、何せ乗客数が40しかなく足(航続距離)も短いため、実用性の面では、あとから出てきたボーイング707、ダグラスDC-8の前に、あえなく退陣を余儀なくされました。 まさに、短い生涯でした。イギリス製のジェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大バイパスターボファンエンジン

現代の航空機による大量輸送は、大バイパスのターボファンエンジンが 出現したことで可能になったと言ってよいでしょう。ジェットエンジンの初 期は燃費が悪く、大型4発のDC-8型機でも、太平洋横断はノンストップ は無理でした。 初期のジェットエンジンは、ターボジェットと呼ばれ、圧縮した空気に燃料 を混合し、着火して高温となったガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more