テーマ:氾濫

氾濫vs越水 用語は難しい

台風19号の未曾有と言ってよいほどの規模の長時間降雨によって、大河川で洪水が各所で引き起こされましたが、それを伝えるニュースやコメントの中で、「河川の氾濫」「河川の越水」という言葉が妙に気になりました。どちらも堤防が壊れたわけでなく、水が堤防を越えて溢れてきたことを表現する言葉です。ではどう違うのでしょうか。(堤防が壊れれば、「決壊」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波大洪水

電波には様々な規格があります。というと、如何にも私が知ってそうですが、何も知らないに等しいので実際に調べてみました。そうしたら、愕然とするほどの数の規格が存在していることが分かりました。 通信分野だけに限ってみても、91もの規格があるのだそうです。 放送分野では、77の規格が存在しています。(電波産業会:集計資料より) 昔は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土砂降りと雨水浸透桝(しんとうます)

「土砂降り」とは、本当によく言ったもので、昨日その洗礼を受けてしま いました。この数年、温帯に属している筈の日本の気候が、どうも亜熱 帯的な様相を呈してきています。その典型が、雷雨でしょう。でも、もっ と凄いのが、台風と梅雨前線の組み合わせで起きる、局地的な集中豪 雨ですね。 以前は、一時間の雨量が30~40mm位で豪雨と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more