テーマ:東野圭吾

東野圭吾と宮部みゆき

東野圭吾と宮部みゆき、この二人は、今間違いなくベストセラーを連発できる作家であることは万人が認めるところです。 東野圭吾に関しては、物理・化学・軍事・医療などの広範な知識にまず圧倒されます。 また、ストーリーの運び方も、奇を衒った構成をとっていても、割と平易な言葉遣いのためか、あまり抵抗なく読めてしまいます。 他方、宮部みゆき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継続は力なり-ディスカバージャパン

このブログ記事で、書き出し始めてから1628番目に記事になり ます。我ながら、しぶとく続けているなあと思います。最初の頃は 呆れていた妻も、いまは「よく続けるわね~。」というのも、彼女自 身、ブログを書き始めて二年が過ぎて、週一のペースを守ってき ています。 平均、800文字とすると、130万文字以上のボリュームになりま …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラチナデータ

映画『プラチナデータ』が、テレビで放映されました。一言で言って、こ れほど酷い原作無視は、かつて有ったでしょうか!と言いたいですね。 なんたって、原作で一番良い部分をカットしてしまい、最後の設定が、 原作とは180度異なるのですから。 原作のエンディング間近の息づまる描写、エンディングのなぜかちょっ とホッとするストーリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮部みゆきと東野圭吾vsテレビ化映画化

筆が遅いと言いつつも、次々に話題作を連発する宮部みゆきと、広汎 な知識を持ち、ミステリー作家として確固として地位を築いている東野 圭吾の二人。テレビ化映画化の数が半端ではないだけに、原作通りの 脚本は有ったためしがないほど、デフォルメされています。 脚本家は凄いなあと思う面があります。 それは、いい面を指しているのではなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浪花少年探偵団 快調な滑り出し

TBSのドラマで大阪弁!多部未華子・小池徹平・濱田龍臣・まえだま えだの前田航基と前田旺志郎・小日向文世・段田安則、この豪華な顔 ぶれをクレジットで見るだけでも、「オォ~ッ!」と吠えたくなる布陣です。 快調な滑り出しと書きましたが、ドラマの初回は分かり易さとスピードが 命です。原作が東野圭吾とくれば、それだけでも期待しますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エドガー賞

作家、東野圭吾氏がエドガー賞の候補に選ばれたとの報道が ありました。あのエドガー・アラン・ポーの名を冠したミステリー では最高の賞だとか。 確かに、東野圭吾氏の作品群は、驚きに満ちています。 何よりその広範な知識量には、ただ驚くばかりです。こつこつと その頭脳に蓄積してきた知識が、作品のベースとなって輝くそ の瞬間に、読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more